ヒツジ百貨店 | 食パン的美しさ

合わないシューツリー

こんにちは。
ヒツジです。
本館2階 紳士靴からのお知らせです。

その前に、前回の更新からだいぶ間が空いてしまいました。
特になにがあったわけでもないのですが、8月はなんだか落ち着きが足りなかったように思います。
靴のご紹介もまだ出来ていないし、なにか買ったわけでもありません。
時計を買いましたがまだ手元にありませんし、靴もオーダーしましたが来年の受け取りです。

そんなこんなな最近ですが、今日はシューツリーについてです。
私の靴には全てシューツリーが入っています。
基本的にはメーカー純正のものを靴と一緒に購入して入れています。
実は今まで靴とツリーの相性についてあまり気にしていなかったのですが、ジョンロブのロペスと純正ツリーが全く合っていないことに気づいてから、メーカー純正であることよりも靴に合うツリーを探そうと思うようになりました。
現行のジョンロブのツリーはラスト7000用に作られています。
これをロペスに入れると、甲もサイドもスカスカになるわけです。
通りでロペスだけシワが深く入っているはずです。
ラスト9795のウィリアムにもこのツリーを入れているのですが、ロペスよりはフィットしているものの、親指あたりに隙間があります。
最近ではシューツリーフィッティングサービスをしてくれるお店もあり、靴を送るとそれに合うツリーを見繕ってくれるというわけです。

ウエストンが代表的なラスト用のツリーを各種用意しているのは相当良心的だと思います。
アップチャージを取ってでも、靴にどんぴしゃなツリーを作って欲しいものです。
もしくは、そういうツリーを作ってくれるお店があるのでしょうか。

ご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えてください!

Posted by ヒツジ

靴磨き再考

こんにちは。
ヒツジです。
本館2階 紳士靴からのお知らせです。

靴磨きについてうだうだ考えている日々が続いている昨今。
わたくしのコレクションラインもここ数ヶ月で急増殖し、さらに4~6足は増える予定です。
靴磨きは好きですが、過剰な手入れは靴にとって良ろしくないと思いますし、自分にとってもなるべく簡潔に済ませたいところです。
わたくしは鏡面磨きなどはしませんので、革本来の輝きを保つぐらいの手入れで十分なのです。
靴磨きについてネットで調べると、クリームについての考察が多いように思います。
クリームももちろん大事なのですが、わたくしのように過剰に光らせることを望まない場合、手入れの主軸はブラッシングなのではないかと最近思うようになりました。
1ヶ月に1度履くかどうかの靴ばかりですので、なるべくロウ分の少ないクリームを使って保革をしながら、とはいえ置いておくだけでも埃が積もっていきますので、定期的にブラッシングのみの手入れをするという風にしたいと思います。

ブラッシングを主軸にすることで、過剰な手入れからの脱却、しばらく履かない靴の定期的なメンテナンスにつながり、これは靴にとってもわたくしにとっても良いことだと思うのです。

ブラッシングはホコリ取り用の馬毛がメインですが、場合によっては仕上げ用の馬毛・豚毛・山羊毛も併用しようと思います。
ブラシについても色々な意見があると思うのですが、わたくしは江戸屋さんにお任せしようと思います。
300年続く日本の刷毛・ブラシメーカーのものならば、わたくしが1年中ネットで探し漁った情報よりも信頼できるでしょう。
ところで、ホコリ取り用の馬毛ブラッシングの方法なのですが、人によってはクリームを伸ばす時と同じように左右にゴシゴシやる方もいますが、わたくしは服のブラッシングと同じように片方向に手首のスナップを効かせてさっと払う感じにしています。

そして、クリーム。
現在はデリクリ、アニクリをメインに、補色はウエストンのクリームを使っています。
しかし、ウエストンのクリームの硬さの感じからすると、きっとそれなりにロウ分が入っているのだと思います。
保革を主眼に置いた場合、もっとロウ分が少なくても良いのかもしれません。
そこで見つけたのが、モゥブレイのクリームナチュラーレです。
まだ使用していませんが、硬さとしてはデリクリとアニクリの中間ぐらいでしょうか。
無色もありますが、各色出ていることを考えると補色用兼保革用に使ってしまおうかと思います。
主成分は油とロウということで、アニクリと一緒ですね。
有機溶剤を使っていなかったり、天然成分のみで作られたクリームという点はなんとなく革にも良さそうな感じがします。
ウエストンのクリームよりもロウ分が少なそう?ですので、軽く水拭きするだけでクリームが落ちてくれそうなところも好きです。

デリクリとナチュラーレで革の内部を整え、アニクリで表面を包む。

こんな感じでケアしていきたいと思います。
ブラッシングやクリーム、靴磨きの考え方について、是非ご意見をお聞かせください!

Posted by ヒツジ

ローファー比較 180 & Lopez

こんにちは。
ヒツジです。
本館2階 紳士靴からのお知らせです。

こちらの記事でちらりと書きましたが、最近購入したジョンロブの靴のご紹介を兼ねて、ローファー比較をしたいと思います。
最強のガチ靴

購入したのはタイトルにもある通り、定番ローファーのロペスです。
何度か履いて、その特徴がつかめてきました。
JMウエストンの180と比べて、使用感をお伝えしたいと思います。

まずは真上からのアングル。
1424.jpg

サイズはどちらも8ハーフです。
ロブの方が少しロングノーズ気味ですが、特筆すべきは履き口の狭さ。
長さもさることながら甲の高さも抑えられており、はっきり言って足を入れるのも一苦労です。
ヒールにだいぶ負荷をかけながら足を入れる感じですが、入ってしまえば快適です。
3回履く頃には締め付け感もほぼなくなりました。
ボールジョイントでフィットさせるウエストンに比べ、ボールジョイントから甲までフィットさせるジョンロブ。
また、ロペスの方はサイドウォールまでもしっかりと食いついてくる感じがします。

続いて、ヒール。
1423.jpg

着用感はロペスの方が踵が高いと思いましたが、比べてみるとほぼ同じでした。
カーブの形状の違いがそう感じさせたのでしょうか。
ほぼ弧を描いているウエストン、中心よりも地面側にトップを持ってきて、履き口にいくにつれてカーブを強くしているジョンロブ。
浅くて楽な着用感が好きならウエストン、踵の抜けを気にせずしっかりとした着用感が好きならジョンロブといった感じです。

180は、いわゆるローファーらしいローファーだと思います。
対してロペスは、オックスフォードの紐なしバージョンとでも言うようなローファーだと感じました。
個人的にはスーツに合わせようとまでは思いませんが、180に比べ見た目も履き心地も明らかにドレス寄りです。
見た目の好みはそれぞれありましょうが、ローファーに対する考え方が顕著に出ているこの2足。
そしてどちらもが完成された靴です。
ロペスを履く事で180の良さが分かり、180を履く事でロペスの良さが分かります。

さて、この靴を履いてどこに行くのかと聞かれれば、コンビニとしか答えようがないのが辛いところです。

Posted by ヒツジ

<店員さんへ>商品は丁寧に扱って下さい

こんにちは。
ヒツジです。
朝礼を始めます。

以前から店員さんの質の低下について書いておりますが、最近もがっかりすることがありました。
靴を修理に出したのですが、いつもシューキーパーと入れたまま預けます。
つま先修理のみでしたのでシューキーパーを外す必要はないと思うのですが、一応ライニングも確認してくれたのでしょう。
それは良いのですが、シューキーパーを入れる際に革を巻き込んで入れられてしまいました。
シューキーパーあるあるなのですが、お客様の靴を扱うお店で、こんなあるあるにすら気をつけずにやっていることにがっかりしてしまいました。

その後、特に謝罪の言葉などなく、わたくしは店を出る際に靴の扱いに気をつけていただくよう伝えましたが、当然反省や謝罪などもなく。
巻き込まれた箇所は当然ながら傷がついてしまいました。
磨けばほぼ分からなくはなるのでしょうけど、やはり気分は悪いです。
後で伝票を見ると、自分の担当名の書き方も雑で読めませんでした。
この方はきっと色々なことが雑な人なのだろうと納得しました。
そして、次回靴修理に出す時にはこの人以外に対応していただきたく思います。
別のお店に行っても良いのですが・・・。

最近よく利用させてもらっていて、仕上がりも丁寧だったので信頼していたのですけどね。
自分の商品は当然ですが、お客様の物を預かる際には本当に本当に気をつけていただきたい。
あなたにとっては数多くある修理品の一足かもしれませんが、自分にとっては思い出のある大切な一足なんですよ。
それが理解出来ないのであれば、他のお仕事をされた方がご自身の為でもありますし、お客様の為でもあると思います。

Posted by ヒツジ
Category : 朝礼

部屋掃除を楽しもう!2

こんにちは。
ヒツジです。
朝礼を始めます。

この世で、部屋掃除ほど始めるまでが面倒なのに、終わった後の確かな感触を得られる事があるでしょうか。(いや、あるはずがない)
それを分かっていながらも部屋が汚くなってしまうのは、人間の本能なのか、それともわたくしが怠惰なだけなのでしょうか。

部屋掃除の有用性については、こちらで力説しております。
ご参照下さい。
部屋掃除を楽しもう!

さて、こういう記事を書くということは皆様もお分かりの通り、わたくしの部屋が散らかってきたからです。
そしてその状態を打破すべく、新しいお買い物をしたからなのです。

今回、部屋掃除を楽しくしてくれるグッズとしてご紹介したいのはこちら。
1421.jpg
1422.jpg

ドイツの老舗ブラシメーカー、レデッカーのヤギ毛ハンドブラシです。
これは手植えなのでしょうか?
毛量もびっしり詰まっています。
少し使ってみましたが、長くて柔らかいヤギ毛が埃をナイスキャッチしてくれます。

生活をしてもしていなくても、勝手に積もっていく埃。
テレビ台はすぐに白くなり、電子機器や置物の隙間などにも溜まっていきます。
今までは濡れた雑巾で拭いていましたが、靴磨きと同様、部屋磨きもブラシの方が良いのではないかと思った次第です。
正直に言いますと、ヤギ毛のブラシが欲しかっただけなのです。

それはさておき、埃取りブラシとしては申し分ないですし、長く使えるのは間違いありません。
5000円ぐらいでこれからの部屋掃除が楽しめると考えれば、これはまさに部屋掃除への投資です。

ブラシは当然のごとく獣臭がしますが、それもまた愛おしい。
靴磨き好きの皆様、部屋磨きも楽しんでみてはいかがでしょうか。

Posted by ヒツジ
Category : 朝礼
google-site-verification: google4ec9ce459aaf71f7.html