ヒツジ百貨店 | 食パン的美しさ

休日は3本の時計で

こんにちは。
ヒツジです。
本館6階 時計サロンからのお知らせです。

さて、今日は時計です。
2008年にブレゲを購入後、しばらく時計からは遠ざかっておりましたが、ここ最近になって時計熱が再燃しました。
今年は良い時計を1本行きたいと考えております。
スマホが普及した昨今、腕時計不要論を唱える方もいるようです。
確かに、時間を見るための道具としては無くても全く困らないでしょう。
しかし、時間を確認する際にわざわざスマホを見るのはいささか無粋ではないでしょうか。
また、自分が本当に気に入った時計を着ける喜び、時間を確認する時にチラっと見る楽しみが腕時計にはあります。
高価な物ですと特に芸術的側面が大きくなり、生活を少し豊かにしてくれるアイテムとなると思っております。

時計については人にオススメしたい3本と自分が揃えたい3本が異なりますので、それぞれご紹介したいと思います。
まずはオススメの3本からです。

・ランゲ&ゾーネ サクソニア WG
1398.jpg

・ジャガールクルト レベルソクラシック 手巻き
1397.jpg

・ロレックス サブマリーナ ノンデイト
1399.jpg


この3本を選んだ理由は、用途別でベストチョイスと思われるためです。
ドレス・フォーマル用はサクソニアのホワイトゴールド。
最近になりケースサイズの変更があり、35mmになりました。
ムーブメントとケースのバランスは良くなりましたが、旧型の37mmに比べてインデックスが少しにぎやかだと感じるかもしれません。
現行のアンダー200万のドレスウォッチとしては非常に良く作られていると感じます。
手巻き3針スモセコノンデイトの金無垢モデルは1本持っていてもバチは当たらないでしょう。
ホワイトを選んだ理由は、目立つことなくどのようなシーンにも合うからです。
針の質感も良いですね。
サファイアバックなので中のムーブというか3/4プレートが見えます。
これがまた美しい。
洋銀を使ったプレートは経年と共に黄色味がかってくるようです。
一生物としても良い選択ではないでしょうか。
上品な時計なのでオフの日もOKだと思います。

続いて、レベルソクラシック手巻き。
去年、手巻きの廃盤とともに自動巻きが発表されて、急いで手巻きを購入した方も多いと思います。
わたくしも友人に勧め、無事買えたようです。
しかし、なんと今年のSIHHで手巻きを発表。
しかも旧型と大きな違いがなく、文字盤にギョーシェを入れて価格も同じか少し安いぐらいかもしれません。
売れ筋モデルの廃盤を発表し、1年で在庫を売り尽くし、マイナーチェンジ版を発表する。
これはルクルトの戦略でしょう。
ギョーシェなしの旧型レベルソのピュアなフェイスは文句なしに美しい。
新型は新型で高級感が増していることでしょう。
ドレス色の強いレベルソクラシックですが、元々はポロ競技用に開発されました。
スポーツモデルの精神を持ち合わせた稀有な時計だと思います。
上品なカジュアルスタイル・ドレス用として登場回数は多そうです。
新型ではレベルソクラシックスモールとレベルソクラシックミディアムのどちらかが良いと思います。
スモールのムーブは旧型と同じ846、ミディアムは名機と名高い822ベースです。
もともと822は3針スモセコ用ムーブです。
新型に搭載される822A/2は2針用に少し改良されているのでしょうか。
手巻き2針という奥ゆかしさ。
たまりません。

そして、サブマリーナノンデイト。
これは通年使えるスポーツウォッチで休日用には最適でしょう。
40mmケースながら、手首に乗せてみると意外と厚みが抑えられており、そんなに大きな時計という感じがしません。
見た目より軽いのも良いです。
ノンデイトを選んだ理由は、休日用としてはデイトは不要だからです。
着ける度に日送りをするのは面倒です。
ロレックスというブランドに抵抗がある方も多いと思いますが、少なくとも悪い時計ではないと思います。
リセールについて語られることの多いロレックスですが、せっかく購入するのであれば長く使うことを前提として買いたいものです。

いずれも50万円オーバーと高価ですが、少しずつ貯金をして少しずつ揃えていくのも人生の楽しみとなるのではないでしょうか。
車を買わずに時計を買うというのもアリかもしれません。


続きまして、わたくし自身が揃えたい3本をご紹介します。

・ブレゲ クラシック5907 YG
281.jpg

・ランゲ&ゾーネ サクソニアフラッハ 37mm WG
1400.jpg

・ランゲ&ゾーネ 1815 WG
1401.jpg

全てのパラメーターをドレスウォッチに振りました。
ブレゲにつきましてはすでに所有しております。
詳細はこちらの記事をご参照ください。
Breguet classique ref.5907

続いて、サクソニアフラッハ37mm。
2016年にリリースされたモデルで、一目見た時に完全にKOされました。
わたくしの時計熱を再燃させてくれたのは、この時計のおかげです。
薄型の手巻き2針というこれ以上ないシンプルなモデルでありながら、針・インデックス・文字盤・ケースに至るまで非常に綺麗に仕上げられています。
今までは40mmだったフラッハも、37mmになりムーブとのバランスもよくなりました。
手首に乗せてみるとほどよく薄いながらも金無垢ケースのほどよい重さがあり、とにかく装着感が良いのです。
近年、文字盤のデザインがシンプルになったサクソニアシリーズですが、このフラッハにおいてその真価が発揮されるのではないでしょうか。
これを選んだ理由としては、ブレゲの対にしたかったからです。
ブレゲ5907は34mmでありながら、YGケースの上、針・文字盤・ケースなど目を引く意匠がたくさんあります。
つまり、小さくとも目立ってしまうのです。
そこでドレス用としてはもちろん、カジュアル用としても使えてしまうこのさりげない時計があれば使い分けが出来ると考えました。
はっきり言って、お店でランゲの他の時計と比べてしまうと置く場所を間違えているのではないかと思うほどさりげなく、主張のない時計です。
パッと見の「いい時計オーラ」などありません。
しかし、よくよく見ると非常に手間がかかっているのが分かります。
これ見よがし感の全くない時計というわけです。

そして、同じくランゲの1815。
ランゲの懐中時計のデザインをベースにしたモデルです。
こちらも近年ケースサイズの変更があり、38.5mmとほどよいサイズになりました。
厚みも8.8mmと抑えられています。
装着感はフラッハに比べると主張をしているものの、やはり悪目立ちのするものではありません。
ケースが大きい分、金時計の重さがしっかりとあります。
WG、YG、PGの展開です。
いずれもブルースティールハンドで、一番綺麗なのはPGケースかもしれません。
しかし、PGだと高級時計オーラ満載になってしまうのです。
休日にこのサイズのPGケースの時計をつけて行く場所などないわたくしとしましては、ホワイトを選びたいのです。
針の形状や色は懐中のデザインと異なりますが、ブルースティールハンドであればこそ少しカジュアル感が出ているのかもしれません。
個人的には針の形状について、今後変更があってもおかしくはないと感じています。

紺系の服装の時は1815。
茶系の服装の時はブレゲ。
ちょっとかしこまりたい時はフラッハ。
こういった感じで使い分けたいですね。

昨年から値下げが続いているリシュモングループですが、今年あたりランゲも値下げするのではないかと睨んでいます。
高級時計メーカーは数年前に比べてかなり値上げをしています。
売上も厳しいようなので、ランゲにおいても価格訴求を是非お願いしたいものです。
ランゲの時計が欲しいとか言っておりますが、実際はセイコーの機械式を愛用しています。

ほどほどの価格のほどほどの物をたくさん買うのではなく、少し高いけど最上の物を少量買う。
心を豊かにするのは結局これなのかもしれません。
とか言いながらも、わたくしの靴は増え続けます。
今年に入りすでに2足を注文しました。
そして3月にも1足注文をしてしまうのか否か。

Posted by ヒツジ

Tank Louis Cartier

こんにちは。
ヒツジです。
本館6階 時計サロンからのお知らせです。


実はカルティエの歴史や商品について触れる機会が最近ありまして、その影響でカルティエの商品を見直しております。
ジュエラーのイメージが強いカルティエですが、時計の歴史も100年以上前からあります。
8年前、最終的にはブレゲの時計を購入しましたが、最初の候補はカルティエのタンクソロでした。
その時にカルティエの時計について一通り目を通したのですが、当時とはラインナップが変わっておりますね。
新作も出ております。
ブレゲはブレゲで愛着が湧いておりますが、人生の転機となるであろう今の時期に時計をもう一本購入しようかと考えております。
すぐにというわけではないのですが、数年のうちに・・・。
わたくしの中では丸形の機械式手巻きでブレゲに勝るものはないので、趣向を変えて考えておりました。
となると、スポーツタイプか角形か。
ジャガールクルトのレベルソも良いのですが、いわゆる本格的機械式時計で考えた時にブレゲの下になります。
どうせ買うならセカンドウォッチではなく、シーンを分けて使えるファーストウォッチにしたいのです。
となると、本日ご紹介するカルティエのタンクルイなんかはぴったりかもしれません。

前置きが長くなりましたが、写真をご覧ください。

tanklouis.jpg

タンクにはソロ、フランセーズ、アメリカン、アングレーズなどの様々なシリーズがありますが、ルイカルティエシリーズはカルティエの創業者であるルイ・カルティエの精神を忠実に受け継いだラインです。
1917年発表、1919年に発売されました。
戦車のキャタピラをイメージした長方形のケースが特徴です。
戦車=戦争の道具と考える人も多いと思いますが、ルイカルティエ氏は「平和に導く物」として考えたようです。
100年前から変わらない、100年後も変わらないであろうタンクのエッセンスが凝縮された、まさにタンククラシックなわけです。
こちらはXLというサイズで、中にはピアジェの手巻きムーブ430MCが搭載されております。
裏透けではないのですが、ブリッジにはカルティエのメゾンロゴであるCを重ねた装飾が所狭しと入っております。
XLサイズというと大きそうなイメージですが、ケース径は約40×35mmで、厚さは5,1mmしかありません。
最近のデカ厚、デカ薄時計とは一線を画す、あくまでクラシックな精神を持った時計だと感じます。
バトン型のブルースティールハンドとリューズのサファイアカボションが、ゴールドとコントラストになって美しいです。
気になるのが、ケースがピンクゴールドであることです。
わたくしはイエローゴールドの方が好きなのですが、男性向けラインのためか、いわゆる女性向けのピンクゴールドよりはイエローに近いような感じがします。
また、カルティエのピンクゴールドは経年と共にイエローに近くなるという話もあります。

イエローゴールドで丸形、ザ・機械式時計のブレゲ。
ピンクゴールドで角形、ジュエラーの作る機械式時計のカルティエ。
共通するのは、どちらも創業者の精神を忠実に受け継いだモデルであり、時代に左右されない確立されたデザインであることです。

しかし、来年はタンク発表100周年、2019年は発売100周年に当たる年です。
これらを記念して特別なタンクが出る可能性もありますので、もうちょっと様子を見るつもりです。
金額が金額なので、簡単に買うことはできません・・・。


こういうのは考えている時が一番楽しいですね!



それでは。

Posted by ヒツジ

The Slim d'Hermes

こんにちは。
ヒツジです。
本館6階時計サロンよりお知らせです。


3月のバーゼルワールドで発表されたエルメスの新作、スリムドゥエルメス。
わたくしは本日、美容院に行ったのですがそこで読んだ雑誌にこちらのモデルが紹介されておりました。
気になったものの、あまり詳しい情報がなかったので調べました。

まずは写真を。
942.jpg
941.jpg

このモデルは名前の通り、薄型であることが最大の特徴です。
ケースサイズは3種類あり、39.5mm、32mm、25mmです。
エルメスが本格的に高級機械式時計を作り出して数年経ちますが、39.5mmケースのモデルだけは写真のような自動巻きムーブが入っております。
他の2サイズに関してはクオーツだそうです。
25mmは完全にレディースですが、32mmは良いサイズですね。
以前ご紹介しました、アルソーの自動巻きも32mmで出しています。
小さめの時計を好む男性と大きめの時計を好む女性、どちらにとってもちょうど良いサイズだと思います。
クオーツで薄型なんて当たり前なので、メインは39.5mmなのでしょう。
ヴォーシェ社製のマイクロロータームーブです。
マイクロローターは薄型化だけでなく、見た目の高級感を出すことにも成功しています。
ブリッジにはHのギョーシェ(と言って良いのでしょうか?)がびっしり入っております。
ケースサイズとムーブサイズのバランスも良いですね。
このケースの為のムーブ、このムーブの為のケースと言った感じがしてわたくしは好きです。

デザイナーはエルメスの時計部門であるモントルエルメスのフィリップ・デロタル氏です。
シルク製品や革製品のデザインもしている方だそうですね。
デザイン上で一番特徴的なのはインデックスでしょう。
ステンシル調とでも言いましょうか、文字に少しの隙間を設けることで簡素で新鮮だけどどこか懐かしい温もりのあるような雰囲気を出していると思います。
数字だけでなく、針も簡素ですね。
昨今のアルソーで使われている、ぷっくりとして立体感のある針の方が個人的には好きです。
ケースをスリムにすることで、デザインにも無駄を省かないとバランスが取れないのでしょう。
コンセプト的にはこの針一択かもしれませんね。

わたくしが何故こちらの時計をご紹介したのかと言いますと、もしかしたら今後のエルメスの時計を代表するモデルになるかもしれないと感じたからです。
現在のエルメスの時計を代表するモデルは、間違いなくアルソーです。
アルソーは今から37年前の1978年にデザインされ、機構やサイズをリモデルしながらシンプルなモデルやコンプリ系にも使われております。
そろそろ世代交代をさせたいのかは不明ですが、スリムドゥエルメスには力を入れて作った感が出ております。
3サイズで出すとはそういうことです。
クラシックなアルソーに対し、スリムドゥがネオクラシックになれるかどうか、数年後が楽しみです。
単発で終わらないと良いのですが・・。


それでは。

Posted by ヒツジ

エルメスの時計ベルト交換

こんにちは。
ヒツジです。
本館6階時計サロンよりお知らせです。


わたくしが10年近く仕事用に使っております、エルメスのメテオール。
20数年前?に父親が購入し頂いた物でございますが、オーバーホールをしたりベルト交換をしたりして、これからも使う予定であります。
ベルトは今まではカミーユフォルネで1万円ぐらいのカーフを購入しておりましたが、この度エルメス純正のものに交換しようと思いショップに預けておりました。
さきほど受け取り、非常に満足の行く出来でしたのでご紹介したいと思います。

メテオールは現在では廃盤となっている上に、ケース径30mmという女性がつけるにしても少し小さいと感じる時計です。
そんなサイズの時計ベルトの在庫が多く残っているわけがなく、フランスに注文する形となりました。
わたくしは顧客でも何でもありませんが、こういったオーダーを受け付けていただけるのは本当にありがたいですね。
エルメスの時計ベルトといえば、個人的にはバレニアのナチュラル一択です。
上品かつ強さがあり、エルメスらしいレザーとカラーです。
注文してから1年から1年半ぐらいかかるというお話でしたが、3ヶ月ほどで入荷連絡がありました。
刻印がRでしたので、2014年製。
フランスに在庫があり、それを取り寄せたということでしょう。
幸いわたくしの手首は細い方ですので、既製品のサイズでも問題ありません。
今回はカミーユのポロハンガリーからの交換でしたが、やはり革質は大違いですね。
個人的な好みもあると思いますが、倍以上のお金を払う価値はあったのかなと思います。
しかもベルト交換、バネ棒交換は無料で行ってくれた上に保存袋とクッションまでもつけて頂けるんですね。
今のベルトがダメになった際にすぐに同じ物に交換できるように、ベルトのストックを持っておいても良さそうです。
きっと夏を過ぎたら傷んでいるでしょうから。
938.jpg



それでは。

Posted by ヒツジ

Hermes Arceau 32mm

こんにちは。
ヒツジです。
本館6階時計サロンよりお知らせです。

お寒い中、いかがお過ごしでしょうか。
周りには風邪をひいている方が多いですね。
わたくしの両親も現在風邪をこじらせております。
空気が乾燥し、体調を崩しやすい時期ではありますがどうぞご自愛くださいませ。

さて、本日は時計についてです。
しばらく時計熱が冷めていたわたくしでございますが、久しぶりに良い一本を見つけました。
いきなりですが、こちらです。

859.jpg

エルメスのアルソーというモデルです。
こちらは自動巻きの32mmタイプですね。
レディースもしくはボーイズサイズですが、メンズの時計が平気で40mmを超えてしまっている昨今、メンズでもギリギリつけられるこのサイズはとても上品に見えます。
仕事用に同じくエルメスのメテオール30mmをつけているわたくしとしては、この上ないサイズ感。
しかも時針、分針、秒針ともに質感も良さそうです。
時針と分針はブランパンを思わせるようなぷっくりとした感じ。
秒針のブルースティールが白文字盤に映えます。
デイトつきなのもビジネスマンには嬉しいですね。
価格が40万強と簡単には手が出せませんが、この価格帯で他ブランドと比べても大いにアリではないでしょうか。

このアルソーというモデルはエルメスの定番デザインで、なんと言っても数字が特徴的です。
ここ数年で機械式時計に本腰を入れているエルメスですが、やはり主力はこのアルソーです。
クォーツ、クロノグラフに加えスケルトンやコンプリ系などもたいていアルソーで出ております。
この時計をデザインしたのは数あるエルメスと契約しているデザイナーの中でも唯一フォーブル・サントノーレ通り本店に自身の部屋を持つ、アンリ・ドリニーです。
「エルメスの時計なんて所詮ファッションウォッチだよ」「エルメスは時計屋じゃない」なんていう声も聞こえてきますが、確かにHウォッチやクリッパーはわたくしもそう思います。
しかし、なぜここでアルソーをご紹介したのかといいますと、アルソーが持つクラシックな雰囲気に魅了されたからです。
特にこのぐらい小さいサイズでしたら現行で売られている、男性がつけるクラシックウォッチと考えたら結構いい線いってると思うのです。
もちろん、女性がつけていただいても良いと思います。
ブランドうんぬんはどうあれ、アルソーらしいアルソーだとわたくしは思います。

ちなみにブラウン文字盤もあるようですが、こちらは三針とも普通のスティールハンドです。
白文字盤の方が綺麗ですが、ブラウン文字盤もかっこいいかもしれない。
でもブルースティールは捨てがたい。

バリバリの機械式時計の他にも、こういうのが一本あると身だしなみの幅も広がりますね。
仕事用にもちょうど良いです。
デフォルトはフォールディングバックルのようですので、わたくしなら尾錠に付け替えます。
問題はベルトの長さが足りるかどうかですね・・・。
手首の細い方ならいけるでしょう!


それでは。

Posted by ヒツジ
google-site-verification: google4ec9ce459aaf71f7.html