ヒツジ百貨店 | 食パン的美しさ

休日は2本のマフラーで

こんにちは。
ヒツジです。
本館1階 紳士装身具からのお知らせです。

休日は3枚のシリーズも今回で最後となります。
そしてマフラーについては3本ではなく2本を厳選致しました。

休日用に3足の靴を選ぶと、次はマフラーを決めたくなるのが人情というものです。
休日は3枚のシャツで
休日は3枚のセーターで
休日は3本の時計で
休日は3本のパンツで
休日は3着のアウターで
休日は3足の靴で

マフラーを選ぶ基準は、暖かくてドレス寄り・カジュアル寄りの両方に対応出来る事です。
素材やボリューム諸々との兼ね合いも考え、わたくしが選んだのはこちらです。

・ジョンストンズ 大判カシミヤマフラー ネイビー
1411.jpg

・ジョンストンズ 大判カシミヤマフラー オッター
1412.jpg

保守的且つジョンストンズ的ですが、結局この2枚があれば十分だと思います。
大判サイズは190cm×70cmと、マフラーはもちろん肩掛け、膝掛けにも使えるサイズです。
通常サイズですと真冬に使うには少しボリュームが足りないと感じるかもしれません。
ジョンストンズは今年に入ってから値上げをし、カラーバリエーションも一部変更になりました。
ダークブラウンが定番であっても良いと思うのですが、そこはジョンストンズの代名詞でもあるオッターなのでしょう。
マフラー、ストールについてはブログでもいろいろご紹介して参りましたが、わたくし自身も少しずつ整理をしていき、ジョンストンズのこの2枚に集約したいと考えています。
男性目線で書いておりますが、女性ですとまた違ったチョイスになるでしょう。

価格はちょっと高めですが、マフラーはそう簡単にダメになるものではありません。
であれば、上質で暖かくて10年先も余裕で使えるものを選んでも良いと思うのです。
もちろん、ファッションや流行に合わせて毎シーズン買い足して行くのも良いと思いますが、
「ほどほどの価格のほどほどの物をたくさん買うのではなく、少し高いけど最上の物を少量(時には大量)買う。」
がモットーですので、ご了承下さい。

高額なものをご紹介したかのように見える3枚シリーズですが、本当にそうでしょうか。
多くの人は物を見る時に金額から入ってしまいます。
200万の時計は高い、など。
しかし、価格というものは価値に対して考えなければ意味がないと思うのです。
まず価値を自分なりに見極めた上で、価格と向き合ってみてはいかがでしょうか。
買うか買わないかは別として、自分にとって本当に価値のあるものだけが自分の手元に来るようになるはずです。

今回ご紹介したアイテムの中で、少しでも興味がある品があれば是非その価値を調べ、考えてみて下さい。


Posted by ヒツジ

Piacenza、オンラインストア始めました

こんにちは。
ヒツジです。
本館2階 紳士装身具からのお知らせです。

都内は少しずつ秋らしくなってきました。
毎年のように、少ししたらいつの間にか冬になっていることでしょう。
冬といえばカシミヤ。
カシミヤといえば、1733年創業のピアチェンツァではないでしょうか。

ピアチェンツァの工場はイタリア屈指の生地メーカーが集まるビエラ地区のポッローネという所にあります。
日本での取り扱いは非常に少ないので知名度は低いですが、間違いなく世界最高峰の高級生地メーカーです。
生地を提供しているだけでなく、自社でもコートやセーター、マフラーなどを作っています。
ミラノのマンツォーニ通りにこじんまりとしたショップがあります。
こちらのサイトは以前からチェックをしていたのですが、最近になってオンラインで購入できるようになりました。

ウェアに関してはメンズだけのようです。
スカーフやストール、ブランケットもあります。
また、アウトレット品についても30~50%オフぐらいで買うことが出来ます。

ジョンストンズのカシミヤマフラーも良いのですが、こういう選択肢もあります。
また、カシミヤといえばチェザーレガッティも有名ですが、公式サイトリニューアルによりオンラインストアがなくなってしまいました。
おそらく、メールでの注文は受けてくれると思うのですが未確認です。
マフラーコレクション Cesare Gatti

今年、上質なカシミヤを手に入れたい方は是非チェックしてください。
http://www.piacenzacashmere.com

Posted by ヒツジ

髭剃りの時間を豊かに

こんにちは。
ヒツジです。
本館1階 紳士装身具からのお知らせです。

男性特有の身だしなみといえば髭剃りです。
基本的に毎朝剃らなければいけません。
剃りたいのではなく、剃らなければいけないから剃っている人は非常に多いのではないでしょうか。
朝の面倒な作業と思ってる人は多く、最近では髭を脱毛する男性も増えてきました。
もしくは電気シェーバーで簡単に済ませるか。

わたくしは今まではカミソリと市販のシェービングフォームで作業をしていましたが、どうして朝から面倒な作業をする必要がありましょうか。
そう考えた時に、髭剃りの時間を楽しみたいと思ったのです。
そして思い出したのは、数年前にロンドンに行った時に店の前を通ったトゥルフィット&ヒル。
1328.jpg
1329.jpg

トゥルフィット&ヒルは1805年にロンドンのセントジェームスストリートで創業した世界最古の床屋さんです。
ジョンロブロンドンの向かいにあったと思います。
英国王室御用達で、現在でも定期的にバッキンガム宮殿を訪れているとのこと。
トゥルフィットで働く方のインタビュー記事に「髭剃りはリラックスタイム」みたいなことが書かれており、お店の精神に共感し商品を購入しました。

1326.jpg
1327.jpg

まずはバジャー(ブラシ)とカミソリとスタンドのエドワーディアンセット。
カミソリはお店のおすすめ通り、3枚刃を選びました。
5枚刃もあるのですが、それだと刃の間隔が狭いためシェービングクリームが詰まってしまうとのこと。
ウエットシェービングの最大の特徴でもあるバジャーはアナグマの毛で作られています。
このブラシにクリームをつけて肌につけるのですが、毛穴の汚れを取り除く効果があったり、天然の毛なので肌にも良いのでしょう。
一緒に購入したのはアフターシェーブバーム、フェイシャルモイスチャライザー、1805クリーム、頭髪用のワックスです。

使用感などについて、何度か試してから改めてお伝えします。
これからの髭剃りタイムが楽しみです。

Posted by ヒツジ

クラシックな男達の、夏の必需品

こんにちは。
ヒツジです。
本館1階 紳士装身具からのお知らせです。


ちょっと前までは肌寒いぐらいでしたのに、急に暑くなりましたね。
都内は35度近くまで気温が上がる日もあり、駅まで歩いただけでも汗だくでございます。
さて、そんな暑い夏を過ごすための必需品をご紹介したいと思います。
クラシック好きの方は既にお使いかもしれませんが、それは扇子です。

家の中ではうちわで気だるそうに扇ぐのもまた夏らしいのですが、外にいる時はそうはいきません。
鞄から細い扇子をスッと取り出して、広げて、静かに扇ぐ。
この振る舞いが風流でないとしたら、一体何なのでしょうか。
わたくしが愛用しているのは数年前に1000円ぐらいで購入したものです。
本当は梅の絵が描いてあるのが欲しかったのですが、梅は夏の花ではありませんので売っておりません。
致し方ないのでこちらの水ナスが描かれたものを使っております。
990.jpg

これはこれで風流じゃありませんか?
なんだかんだで気に入っております。

扇子で扇ぐということは、風を送るためだけではありません。
高級な扇子は木で作られていることが多く、風と一緒に木の香りも運んでくれます。
日本橋三越で、10万円近くする白檀の扇子を見たことがあります。
それは素晴らしいものでしたが、わたくしみたいな庶民が持つものではありません。
そこまで行かなくても、良い木の香りがする上質な扇子を永く使えたら、夏が少し待ち遠しくなるのではないでしょうか。
わたくしも本日から扇子を鞄に忍ばせております。
涼しくも豊かな夏をお過ごしください。


それでは。

Posted by ヒツジ

FOXの傘、ついにレギュラーへ!

こんにちは。
ヒツジです。
本館1階 紳士装身具からのお知らせです。


約1年前にわたくしの所有している傘についての記事を書きました。
雨の日を少し幸せにしてくれる傘

ここでご紹介したFOXの傘は2012年頃に日本橋三越で購入したものです。
三越別注なのですが、ハンドルの先にメノウが埋め込まれた他に類を見ない逸品でございます。
なんだか使う気にならなくて、購入後2年ほどクローゼットに立てかけて、その後傘立てに移動してから1年が経ちました。
そして今年!!
なにを思ったか、愛用しております。
使わなかった理由としましては、体の大きなわたくしにはFOXの細巻きはちゃちく見えるのです。
そんなことは買う前から分かっていたのですが、美しい傘ですので購入したわけです。
きっと当時のわたくしは鏡の自分とにらめっこをして、自分の理想像を追っているだけだったのかもしれません。
しかし3年が経ち、鏡とのにらめっこ、自分とのおいかけっこが終わったのでしょう。
言い換えれば、ナルシシズムからの脱却です。
自分にとって似合うとか似合わないとか、そんなのどうでも良いのです。
ただし、物の価値を理解できて今まで使わなかった物をふと使うようになる時は、恐らく自分に似合うようになったということなのではないかと思うのです。
やはりFOXの傘は美しいです。
細巻きをお使いの方は畳んである状態が好きという方が多いかもしれませんが、わたくしは開いた時の方が好きですね。
FOXの傘のアーチは独特です。
同じFOXでも、ソリッドタイプの方がRがきつくなっているように感じます。
細巻きの良いところは、とにかく軽いこと。
ちょっとお出かけするのに気軽に持ち出せます。
畳んでも綺麗、開いても綺麗。
そしてわたくしのFOXはハンドルが只者ではない。

こんな傘を持ってどこに行くのかと問われれば、近所としか答えようがありません。
ほぼ全ての持ち物が近所用であり、お出かけ用になってきた昨今であります。
メンテナンスをしながら末長く使いたいです。

978.jpg


それでは。

Posted by ヒツジ
google-site-verification: google4ec9ce459aaf71f7.html