ヒツジ百貨店 | 食パン的美しさ

プロの販売員はどこへ行った?

こんにちは。
ヒツジです。
市価調です。


久しぶりの更新です。
今日は近頃の販売員さんのレベルについて思うところがありましたので書きたいと思います。

先日、時計を見たくて百貨店内の某有名時計メーカーのコーナーに立ち寄りました。
おそらく50歳前後の女性の販売員さんに対応していただきました。
わたくしは体の割には小さいフェイスが好きなので、白文字盤で37mmのものを出していただきました。
その際に、一字一句覚えているわけではないのですが
「白文字盤が好きなんですね、爽やか系ですね」ですとか
「小さい時計が好きなんですね、大きい時計でもいいんじゃないですか」
のような事を言われました。
接客トークとしては悪くないのかもしれませんが、その表情や言い方でなんだか自分の好みを馬鹿にされているように感じてしまいました。
また、その時計は機械式のセンターセコンドの時計だったのですが、彼女はしばらくクォーツだと言い張っておりました。
針の動きを見れば一目瞭然なのに。

決して彼女を責めるつもりはありません。
もしかしたら時計の販売が初めてで、売場に立つのも初めてだったのかもしれませんから。
トークについてはお客様の気持ちを読み取りながら進める必要があるので、ある程度のセンスは必要だと思います。
しかし、商品知識については本人が勉強する部分ももちろんありますが、教育がなされていないのだなと感じました。
誰だって初めての仕事は障害だらけです。
売場に立つ前に、まずは基本的なことを理解しているかの確認をするのもマネージメントでしょう。
「調べてきて当たり前、知っていて当たり前。だから確認なんてしない」という考えの方もいるでしょう。
でも、それってお客様の為になるのでしょうか。
お客様に迷惑をかける前に、まずは基本的なことを確認してあげても良いのではないでしょうか。


ヨーロッパで買い物をするとお店の規模に関わらず、プロフェッショナルな接客を受ける機会が多いように感じます。
販売という仕事を専門職と考えるか、誰でも出来る仕事と考えるかの差でしょうか。
日本においての販売は後者と考えている人が多いのかもしれません。
その結果、接客はおろか自分の商品さえ理解していないような販売員さんが増えてきているのかもしれません。
思えば、日本で良い接客を受けた記憶があまりありません。
そもそも店で買う機会が減ったのもありますが、プロの販売員さんに出会えない事がその原因の一つかもしれません。

商材の知識があって、その中で自分の扱う商品を理解していて、トークにおいても丁寧に言葉を選ぶ。
そんなプロの販売員はどこへ行った?

Posted by ヒツジ
Category : 市価調

市価調 丸の内

こんにちは。
ヒツジです。
市価調からのお知らせです。


先日、丸の内に行って参りました。
東京駅から銀座へ向かって仲通りを歩いたのですが、その時のお話をしたいと思います。

まず、新丸ビルにアローズがあります。
クロケットの靴に興味を持った昨今、試着はしませんでしたが実際に手にとってきました。
ボストンのダークブラウンカントリーカーフが気になったのですが、そもそもボストンのラインナップの中ではどのレザー、どのカラーが一番ボストンなのでしょうか。
他のブランドの定番ラインナップであまり見た記憶がないせいか、わたしはこれが気になっております。

1016.jpg

この後行くお店で試着をする予定だったのですが、結果的にここにしか置いてなかったので試着できませんでした。



仲通りでは先月?オープンした伊勢丹サローネに初めて入りました。
印象としては、商品は良いものがあったかもしれませんが、なんだか木目調の什器が安っぽく感じられてしまいました。
なんだか仮説の催事会場のような・・・。
せっかくあの場所で、ある程度力を入れてお店を開いたと思うのですが、予算の関係でしょうか。
百貨店の売場作りと路面店の売場作りの差かもしれません。
人はたくさんおりましたね!!


それから近くにあるソブリンハウス。
こちらにはクロケットの定番モデルが置いてある印象だったのですが、そんなことありませんでした。
また、いつか見たジョンロブのバロスがあれば試着したかったのですが、あるはずもなく・・・。
ジョンロブを代表するUチップであったバロスですが、数年前に日本限定で復刻したっきりです。
ジャパンに問い合わせをしたところ、オーダーでも作ることが出来ないと。
そうなってくると、余計手に入れたくなってくるのが人情というもの。
調べているうちに、元々ジョンロブのバロスはクロケットが作っていたことを知りました。
そしてバロスを元にクロケットで作ったのがモールトン。
モールトンもまた本国では廃盤になっておりますが、日本では展開しております。
そしてありがたいことに、クロケット本国ではモールトンのオーダーも受け付けております。
自分仕様で細かくオーダーできそうなので、ポンドの動きによっては注文するかもしれません。
タンバーニッシュドカーフのダブルソールなんて良いかもしれません。


その後は銀座和光で時計を見て、その辺で飲んで帰宅しました。
人の観察に意識が向かなかったのが反省点です。


それでは。

Posted by ヒツジ
Category : 市価調

ミニマリストなる者達

こんにちは。
ヒツジです。
市価調からのご報告です。


今朝の新聞を見ていて、物を持たずに暮らす人たちの記事を発見しました。
「ミニマリスト」と呼ばれているようで、流行?なんですかね。
わたくしは彼らのことを知らなかったので記事を読んでみました。

内容はこうです。
・とにかく物はなるべく持たない。
・ファッションやインテリアも不要。自己表現はスマホがあれば出来る。
・他人の目を気にして生活するのに疲れた。
・ミニマリストになって、心が豊かになった。

断捨離とかいう概念も数年前に流行り?ましたが、それの進化したものなのでしょうか。
過激派断捨離ストとでも言いましょうか、部屋にはソファぐらいしかありませんでした。
ベッドもテレビもありません。
となると、家に帰ってもスマホいじって寝るだけなのでしょうか。

もうちょっと調べてみると、ブログなどで自分の簡素な暮らしを公表している人が少なくないようです。
そして、「ミニマリスト」という言葉を使いたがっているように感じました。
ミニマリストになる為に物を減らす、といった感じです。
中には、ミニマリストという言葉に出会ってミニマリストになったという方もいらっしゃいました。

人の暮らしに対する考え方は十人十色なので、そういった暮らし方もあるのでしょう。
それは分かります。良いと思います。
しかし、ミニマリストになりたい、ミニマリストと呼ばれたいが為に生活道具を捨て始めた人の考えはちょっと理解できません。


まず、ミニマリストという新しい概念というか、流行?に飛びついているだけの人が多数いそうです。
フリーターやノマドと似たようなものです。
自分のライフスタイルを大きく変えてでも流行に飛びついた人たちは、きっと自分の暮らしについて考えた事がない人たちかもしれません。
彼らは、「物で溢れた生活が豊か」という概念が流行すればすぐに物で溢れた生活をするかもしれません。

次に、自己表現はスマホで出来るという考え方。
これは現代の世捨て人でしょうか。
ブログやツイッターも良いのですが、顔の見える付き合いを疎かにする必要がどこにありましょうか。
ミニマリズムを追求した結果、服も靴も1着ずつしか残らなくなるのでしょうか。
とても文化的とは思えませんし、果たして本当に豊かなのでしょうか。
わたくし自身、ミニマリスト経験者ではないのでこれについては何とも言えません。

次に、スマホは無駄ではないという考え方。
テレビやベッドは捨てるけど、スマホは捨てない。
自分の生活を見直して、不要なものを排した結果、残ったのがスマホ。
スマホなんてかなり要らない部類に入りそうなものですが、SNSで暮らしを公開することにより自己表現とする彼らにはスマホは必要不可欠なのでしょうか。

次に、他人の目を気にしなくなったという考え方。
そもそも、ファッションやインテリアは他人の目を意識してするものなのでしょうか。
暮らしの主語は自分なのではないでしょうか。
他人の目を気にしなくなった結果、どうでも良くなって楽になったということなのでしょうか。

そして、ミニマリストになって心が豊かになったという考え方。
ミニマリストを何かの称号のように感じているだけではないでしょうか。
「僕、ミニマリストです」って言いたいだけではないのですか?
そうだとしても、豊かになったと感じられるならとても良い事だと思います。



批判チックな疑問を投げかける形になりましたが、ミニマリストの生活を否定するわけではありません。
多分、真のミニマリストは前々からそういう生活をしているし、本当に心豊かな暮らしを送っていると思います。
それは自分の暮らしと向き合った先の答えがそれだっただけの話です。
式を考えていない人が出す答えなんて、到底正解ではないでしょう。

新参ミニマリストの方に、なんのために生きているのでしょうかと問いかけたい。
物を捨てた、ミニマリストになった、心豊かになった。
さて、その先は?

物好きなわたくしのブログをご覧になっている方の中に新参ミニマリストがいる可能性は極めて低いと思いますが、もう一度問います。

「何の為に生きているのか?」

その答えが今の暮らしと合致しているなら素晴らしいことです。


ちなみに、わたくし自身もある意味ミニマリストだと自負しております。
物はたくさんありますが、どれも厳選に厳選を重ねた結果一緒に暮らすことになった物達です。
それぞれのアイテムで、突き詰めて突き詰めて、一生愛せる物を見つけて末長く暮らすのも悪くないですよ。


精神的ミニマリスト、ヒツジでした。


それでは。

Posted by ヒツジ
Category : 市価調

ブルガリ展と厳選洋食さくらい

こんにちは。
ヒツジです。
市価調からのご報告です。

さて、本日は文化の日です。
カレンダー通りの方はお休み、サービス業の方は売上を作るチャンスだと思います。
わたくしは偶然にもお休みでした。
友人と会うことになり、タイトルにもありますブルガリ展に行ってきました。
上野の国立博物館で今月の29日までやっております。

995.jpg


ブルガリといえば、元は銀細工で有名なお店です。
タイトルには130年にわたるとありますが、展示物のほとんどは1920年代〜1990年代の宝飾品です。
祝日ということもあり、結構混んでおりました。
主な客層は宝石好きのマダムか、ブルガリ好きそうな上品なお嬢さん、後は宝石には興味のなさそうな方でした。

さて展示内容ですが、とにかく豪華絢爛です。
ダイヤがびっしりと埋め込まれた装身具ばかりでした。
凄い物をたくさん見ているうちに、凄いのかどうなのか分からなくなってくるのはこういった展示会あるあるだと思います。
いずれにせよ、現代では技術的にも資源的にももう作れないんだろうなと思う物ばかりでした。
ブルガリ好きの方にも、宝石好きの方にもオススメできる内容です。
個人的にはゴールドとエメラルドのシンプルだけど完璧な配色の首飾り?が良かったです。
また、1990年代以降の作品が展示されていないのを見ると、このあたりから今のようなトータルブランドになったのかなと感じました。
現在のブルガリといえば、革製品やネクタイ、時計がメインのように思えます。
それとも、既にこちらの宝飾品は一般人のためのものではなく、セレブや王侯貴族をメインターゲットにしているのでしょうか。


展示会を見終わってちょうどお昼時でした。
上野界隈でお店を探したところ、さくらいという洋食屋さんが良さそうでしたのでお邪魔しました。
お店に入ると待ちが数組いて、30分近く待ちました。
チャキチャキした女性店長がホールとレジに気を配りながら働いていたのが印象的でした。
あと、ヴァンクリーフのアルハンブラピアスをつけていたのも見逃しませんでしたよ。
ハンバーグとエビフライのセットをいただいたのですが、厳選洋食と謳っているだけあり上品で洗練されておりました!
特筆すべきはデミグラスソースでしょう。
少しの苦味が残る濃厚なデミグラスが大人の洋食を演出します。
周りを見ると、オムライスを注文している方も多かったですね。
コーヒーと合わせて3000円を超えてしまいましたが、良いランチタイムを過ごせたと思います。
なるべく予約をして行くのをオススメします。


今日は秋らしい1日でしたが、きっとすぐに冬になるのでしょう。
短いですが、気持ちの良い季節を最大限に楽しんでいただければと思います。


それでは。

Posted by ヒツジ
Category : 市価調

さて、そろそろセール時期ですね

こんにちは。
ヒツジです。
市場価格調査のご報告です。


6月も後半になり、巷ではそろそろセールを開始する時期ですね。
わたくしがチェックしているお店としましては、ミスターポーターが早くもセールを始めております。
コロンボはプレセールと致しまして、一部の方?にのみ割引をしているようですね。
アベノミクスで給料が上がった方も下がった方も、狙っている物を安く買えるのは嬉しいこと。
安くなっているからと言って不要な物まで購入することのないように、限られたお金を大事に使いたいものです。

わたくしが狙っておりますのは、フェデーリのデニムシャツです。
デニムシャツはここ数年の流行かと思いきや、なんとなく定番化したような感じがします。
先日購入したルビナッチのコートに合わせたいのですが、どうでしょう。
あれば着るかもしれませんし、なくても困りません。
割引率によってはポチっちゃうでしょう。
970.jpg

最近注目しているフェデーリですが、メンズだけでなくレディースも素敵なアイテムが揃っております。
品数は多くありませんが、どれもが普遍的で上質な感じがします。
価格もセールになれば決して買えないほどではありませんので、気になる方は狙ってみてはいかがでしょうか。

他は特に考えておりませんが、ホワイトデニム欲しいですね。
リーバイスUS501で十分なのですが。
あとはシャツのオーダーが安くできれば、ビジネス用に作りたいです。

今年も伊勢丹新宿店には長蛇の列が出来るのでしょうけれども、わたくしは今年もそれには不参加です。


それでは。

Posted by ヒツジ
Category : 市価調
google-site-verification: google4ec9ce459aaf71f7.html