ヒツジ百貨店 | 食パン的美しさ

お茶を淹れる時間

こんにちは。
ヒツジです。
本館地下 食品からのお知らせです。

ここのところ、お茶を淹れる時間を楽しんでおります。
それまではお茶には全く興味がありませんでしたが、良い急須をいただいたのをきっかけにお茶を楽しもうと思ったのです。
日本茶の種類や淹れ方について全く知らなかったわたくしは、丸の内にある一保堂に月1ぐらいで通っています。
ここは物販だけではなく喫茶もあるのですが、お茶の淹れ方を教えていただきながら自分で淹れる事が出来るのです。
お気に入りのお茶はこちらの芳泉という銘柄です。
1418.jpg
1419.jpg

渋味と旨味のバランスが良いのが特徴で、3煎目ぐらいまでは飲めます。
さすがに3煎目ともなるとパフォーマンスは落ちますが、それでもやはりおいしい。
飲み始めは少しの渋味を感じますが、すぐに旨味と甘味が広がるんです。
お湯の温度や量、茶葉の量など、少しでも違うと味が全く変わります。
こんな繊細なお茶を上手に淹れるほどの技術はまだありませんが、日々試行錯誤しています。

深緑で艶があり、先端が細く撚れているのが良い茶葉の特徴です。
芳泉は100gで1500円と高価なお茶ですが、上手く淹れることが出来ればお茶に興味のない人が飲んでもおいしいと感じるはずです。

少し前まではほうじ茶にはまっていました。
こちらも一保堂の極上ほうじ茶を使っていましたが、100gで540円と煎茶に比べてリーズナブルなのがありがたいです。
ほうじ茶は香りを楽しむお茶なのですが、煎茶ほど繊細ではなく淹れ方も難しくありません。
カフェインも少なく、子供からお年寄りまで、朝から夜まで楽しめるお茶なのです。

今後は湯呑みや茶托、茶筒、急須台など少しずつ揃えていきたいと思います。

お酒が強くない方は、お茶を楽しんでみてはいかがでしょうか。
飲むだけでなく、淹れる時間や急須を洗う時間まで楽しめます。

Posted by ヒツジ

ホットミルクな夜

こんにちは。
ヒツジです。
本館地下 食品からのお知らせです。


わたくしの家にはリクライニング式のちょっと良いソファがありまして、そこに座ったら最後、動けなくなる魔法のソファでございます。
仕事から帰ってご飯を食べて風呂に入ったら、ソファに身体を沈めてテレビをぼんやり見るのが楽しみの一つです。
大抵はお菓子などをつまむのですが、やはり飲み物も必要。
最近まではカフェオレを飲んでおりましたが、寝る前ということもありカフェインの摂取は避けた方が良いのかもしれないと思いました。
そこで、ここ数日飲むことにしているのがホットミルクです。
結果としてこのチョイスは大正解でした。
なぜなら、ホットミルクがもたらしてくれる精神的な安心感はコーヒーの比ではありません。
自然な甘さとどこか懐かしいミルクの香りが、仕事で鋭くなった精神を落ち着けてくれるのです。
しかもミルクを温めるだけという、全く手間がかからないものグッドです。
お好みでハチミツを入れるのも良いと思います。
まるで、靴に塗るデリケートクリームのように、身体にスッと染み込んでいくのです。

是非、全国のカフェでレギュラーメニューにしていただきたい。
そして、皆様にも寝る前のホットミルクをお試しいただきたい。


それでは。

Posted by ヒツジ

週3度のタイ料理を食べた結果

こんにちは。
ヒツジです。
本館地下 食品からのお知らせです。


今週の水曜日にタイ料理を食べて以来、土曜の夜、そして日曜の昼までタイ料理を食べてしまいました。
どこのお店に行っても同じようなメニューなのですが、店によって味が大きく変わることもなく、安心して入れます。
タイ料理の中でもはまっているのがガパオライスです。
あと、オムレツも野菜がごろごろ入っていておいしいですね。
どの料理にも共通しているのは、ヘルシーであることです。
野菜やハーブを中心に、唐辛子やニンニクが使われていたりいなかったりです。
なんとなく、直感で身体に良さそうと感じます。

実際に身体に良いのかといいますと、多分良いです。
なぜなら、今週1回目のタイ料理を食べてからというもの、お通じが開放されているからです。
明らかに腸が活発になっている感じがします。
そして、ハーブの香りが精神的な安らぎを与えてくれるような気がします。
美容と健康に気をつけている女性のみならず、ストレスを抱えている男性にも是非食べていただきたい。
次はパッタイとマッサマンカレーを食べたいです。

食事の写真撮影はあまり好きではないので、掲載できないのが残念です。

ところで、タイ料理とベトナム料理ってどれほど違うのでしょうか。
境界線が曖昧なので勉強します。
ベトナム料理も身体に良さそうですけどね!


それでは。

Posted by ヒツジ

池袋ラーメンHulu-lu

こんにちは。
ヒツジです。
本館地下 食品からのお知らせです。


先日、友人と池袋で飲んだ後にラーメンを食べに行こうという話になり、Hulu-lu(フルル)というお店の評価が高かったので行ってきました。
都内にお住まいの方はご存知の通り、池袋はラーメン激戦区として有名です。
わたくしも学生の頃はラーメン屋の発掘をしておりましたが、最近は行きつけの店にしか行っておりませんでした。
こちらのお店は駅から歩いて10分弱ぐらいです。
中心部から少し離れたところにあります。
夜7時を過ぎておりましたが、待ちが6人ほどいました。
お寒い中、20分ほど待ったでしょうか。
店内に入り、食券を購入。
大きく分けて醤油か塩です。
初めての方には醤油がオススメと記載がありましたので、醤油で。

食事を写真に撮るのがあまり好きではないので撮りませんでしたが、正直めちゃくちゃおいしかったです。
大げさかもしれませんが、今まで食べたラーメンの中で一番おいしいかもしれません。
最近のラーメンといえば、インパクト勝負になってきている感があります。
ラーメンという半ばジャンク的な食品の特性上、それでも良い部分もあると思います。
しかし、インパクト勝負に走るのは考えようによっては逃げであると思います。
おいしいスープとおいしい麺を純粋に求めた結果が、このお店にはありました。
店員のお姉さんがかわいかったのも忘れてはなりません。

よく行くバーがちょうど西口にあるので、バーからのフルルというコースはしばらく固定になりそうです。
有名なお店なので行ったことのある方は多いと思いますが、もしまだの方は池袋に行く機会に是非!!
近いうちに再訪するかもしれません。
Hulu-lu


それでは。

Posted by ヒツジ

ラーメンは日常への入り口

こんにちは。
ヒツジです。
本館地下食品からのお知らせです。


転職のことを考えずに、こうして考えなくても良いことを考えながらブログを更新するのは良いものですね。
内定をいただいてから、なんだか自分の時間が戻ったような気がしております。
今もそうですが、海外旅行から帰ってきた時、何かに熱中してそれがひと段落ついた時に食べたくなるのは、なぜかいつもラーメンなのです。
麺をすする行為と、熱いスープを飲む行為は心を癒す効果があるのでしょうか。

最寄駅を出てすぐに、一番シンプルなラーメンを500円で提供してくれるお店があります。
具は海苔とチャーシューとほうれん草ぐらいしか乗っていないのですが、今流行り?のしょうゆとんこつなのです。
流行りのラーメンを500円で食べられる、しかも駅出てすぐというのは結構ありがたいことなのかもしれません。
おいしさを求めてるわけではないのです。
手軽にお安く、それっぽいラーメンを食べることが出来る喜び。
そこからの、いつものカフェでダージリンティーを飲む。
ソファ席でふんぞり返りながら。
自分らしい日常を取り戻しつつあります。

あとはしばらく読んでいなかった本の続きを読みたいですね。

気温もぐっと下り、完全に秋になりました。
読書の秋、食欲の秋。
こんないい季節は長くないのだから、少しの間だけでも自然と向き合いたい。
天気の良い日に散歩して、なにかを感じたい。
しかし、ハロウィンは感じたくない。

連休取れれば旅行したいな。
パリ、リヨン、アントワープに行きたい。

帰国したらきっとラーメン食べるんだろうな。


それでは。

Posted by ヒツジ
google-site-verification: google4ec9ce459aaf71f7.html