ヒツジ百貨店 | 食パン的美しさ

Crockett & Jones for Business ダービー編

こんにちは。
ヒツジです。
本館2階紳士靴よりお知らせです。


しばらく更新が滞ってしまい、申し訳ございません。
1ヶ月後のTOEICに備えて隙あらば勉強に励んでいる毎日でございます。
とはいえ書きたいネタは増えるので完全に消化不良になっております。
今月はもう少しバランス良く、ブログにも時間を割けるようにしたいと思います。

さて、前回のオックスフォード編から少し空いてしまいましたが、本日はダービー編です。
今日ご紹介するのも2足で、どちらもUチップです。
外羽根Uチップはかなりカジュアル寄りの仕様ですが、決してビジネスの場で使えないことはありません。
もちろんお堅い仕事ではNGかもしれませんが。
そうではないオフィスワーカー、スーツではなくジャケスラでもOKな方は参考にしていただけると幸いです。


・Onslow(オンスロウ)

929.jpg

廃盤になったUチップ、オンスロウ。
シェルコードバンのタイプもありますが、わたくしは断然タングレイン派です。
最近では流行を多分に取り入れている感のあるクロケットですが、タングレインのアッパーがなんだか古き良き英国靴にしてくれるのです。
ノーズはロング過ぎず、ショート過ぎずで良いバランスですね。
カジュアルはもちろん、ビジネスの場においても活躍してくれます。
ジャケスラ推奨ですが、冬場にツイードなどの素材感のあるスーツとも相性が良いと思います。
日本にはほとんど在庫がないようですが、本国には少し残っている可能性があります。
現地価格は380ポンドですので、日本円にすると約7万円ぐらいですね。
日本での価格がいくらだったのかは知りませんが、価格差はあまりないかもしれませんね。


・Moreton(モールトン)

930.jpg

こちらも既に廃盤になっておりますが、日本の代理店が別注して輸入しておりますので日本には入ってきております。
こちらもやはりタングレインのアッパーが素晴らしい。
オンスロウに比べるとよりショートノーズですね。
かなりカジュアル色が強いですが、ジャケスラならいけるでしょう。
ボリュームがあり、かなりしっかりした作りです。
正直欲しいですが、ゴルフとかぶりそうですので断念しました。
クロケット本国にパーソナルオーダーをすると650ポンドかかるそうです。
どうしても仕様変更したい方は別として、既製品で満足できる方は日本で普通に購入できるのでありがたいですね。
個人的にはそのままの仕様がベストだと思っております。


なお、現行で作られているUチップでLangdonというモデルがありますが、これはロングノーズ過ぎて個人的には完全にアウトです。
履いている方がいましたら申し訳ございません。
足の小さい方はロングノーズの方がバランスが良い場合もありますので、あくまでも足の大きいわたくしとはバランスがよろしくないという意味です。


オンスロウのデッドストックをお探しの方は恥ずかしがらずに本国にメールしてください。
日本人の方が丁寧に対応してくださいます。

Please do not hesitate to contact Crockett & Jones in England!


それでは。

Posted by ヒツジ
google-site-verification: google4ec9ce459aaf71f7.html