ヒツジ百貨店 | 食パン的美しさ

紳士を紳士たらしめるのは、上質な肌着だ

こんにちは。
ヒツジです。
本館2階 紳士肌着からのお知らせです。


オシャレな男性が増えた昨今ですが、ご自慢の服を脱いだら肌着はユニクロ・無印なんていう人も少なくはないようです。
これらのブランドが悪いというわけではないのですが、紳士たる者、まずは肌着に気を使うべきだと思うのです。
確かに肌着は外からは基本的には見えませんが、なによりその良し悪しを肌にダイレクトに感じるアイテムです。
言い換えれば、自分だけの贅沢品なわけです。
人から見られる部分に気を使うのは当然のこととして、見えない部分にも気を使うのは紳士の嗜みでしょう。

さて、こんな言い分を免罪符にわたくしが新しい肌着を買おうとしていることは、ヒツジ百貨店の従業員でありお客様でもあるあなたならすでに気づいているでしょう。
わたくしの現在の肌着のラインナップとしましては、ペロフィル、デレクローズ、サンスペルです。
最近はデレクローズとサンスペルのトランクスを履く機会が多いですね。
反面、ボクサーブリーフみたいなものはあまり履かなくなりました。
なぜでしょう。
自分でもよく分かりません。
なんとなく、トランクスの方が紳士っぽいのかもしれません。
そんなこんなで、購入を検討しているのもトランクスです。
シャツ生地で作られているトランクスは結構へたれないですね。
サンスペルみたいにウエストゴムが内側に出ているタイプのものはゴムが傷んできますけれど。
長く使えるのもであれば、普遍的で上質な物を選びたいのが男の性。
今回わたくしが白羽の矢を立てましたのが、シャルべとターンブル&アッサーです。

シャルべのトランクスは本国で取り扱いがあるのかは不明です。
ホームページも持っていない?シャルべですが、メールアドレスらしきものを入手したので数日前に問い合わせてみました。
案の定、今のところ返事はありません。
世界で唯一?シャルべの支店とも呼べる日本橋三越のシャルべブティックでは、トランクスはオーダーのみで納期4ヶ月、価格は22000円からだそうです。
さすがにこの価格では手が出ません。
そもそも、オーダーじゃなくて既製で良いのです。
数年前に日本橋三越で行ったターンブルのトランクスオーダー会では、確か2枚30000円ぐらいでした。
本当は既製品を買えそうであればシャルべを選びたいのですが、音信不通かつ価格の折り合いがつかないこともありターンブルで購入しようと思っております。
ターンブルはホームページからオンラインショッピングが出来ますので入手は簡単です。
大きく分けて2種類あり、普通の生地のものは45ポンド、シーアイランドコットンのものは65ポンドとあります。
普通の生地と言っても、ターンブルはトーマスメイソンの生地を主に使っているはず?ですので、45ポンドの方で十分です。
現在、1ポンドが190円ぐらいですので、ざっと計算して1枚あたり9000円ですか。
男のパンツが1枚9000円なんていうのは、正気の沙汰ではないのかもしれません。
しかし、考えてみてください。
英国で最も格式高いシャツ屋さんのトランクスが9000円だったら決して高い買い物ではないと思うのです。
生地はポプリンかエンドオンエンドで、無地、チェック、ストライプなど定番のものが揃います。
わたくしが気に入ったパンツ達の写真を掲載させていただきます。
こちらです。

973.jpg
972.jpg
974.jpg

ラインは結構ゆったり目だそうですので、ストレスなく履くことが出来そうです。
パンツにもシャツ作りのノウハウが生かされているのでしょうか。
そう考えると、パンツは第二のシャツと言っても過言ではないのかもしれません。

ターンブルはシャツ以外にも各種アイテムを出しております。
おそらく、多くの物はどこかの工場に作ってもらってタグをつけたものだと思われます。
カシミヤ系はほぼ間違いないでしょう。

そうこうしているうちに、ターンブルらしいアイテムを見つけました。
それは、パジャマです。
こちらの、ベンガルストライプにネイビーのパイピングが入った一枚なんて素敵じゃありませんか?
ポンドが100円になったら即ポチりたいのですが・・・。

975.jpg

他には、パンツとセットになっていないナイトシャツも扱っております。
ナイトシャツってどうなのでしょうか。
実際にお使いの方がいらっしゃいましたら、是非ご感想をお聞かせください。

ひとまず、セールを待ちます。


それでは。

Posted by ヒツジ

真のダイエッターへの道は、まだまだ遠い!?

こんにちは。
ヒツジです。
朝礼を始めます。


ダイエットを開始して一ヶ月が経ちました。
2週間ほど前に一度ご報告しましたが、今回はその続編です。
前回の記事は以下をご参照ください。
真のダイエッターへの道は、まだ遠い!?

まずはこちらのグラフをご覧ください。

971.jpg

本日、ウォーキング直後に計量したところ、80,9キロでした。
アップダウンを繰り返しながらも順調に痩せていっているのが分かります。
本当は毎日ウォーキングをした方が早く痩せるでしょうが、週2~3ぐらいの方が体に負担がかからなくて良いのかもしれません。
5キロ近く落としましたが、体の不調や体力の低下などは感じられません。

今の運動と食事はこれからも続ける予定ですが、少しひねりを加えたいと思います。
まず、食事について。
朝か夜は、無糖のヨーグルトをかけたグラノーラをたまに食べたいと思います。
昨日の朝グラノーラにミルクをかけて食べたのですが、腸の働きが急に活発化しました。
ヨーグルトと一緒に食べればさらに腸の動きが活発になり、綺麗な状態を保てそうです。
毎日食べなくても良いと思いますが、2~3日に一度は食べたいと思います。
仕事中にトイレに行きたくなると困りますので、夜の方が良いかもしれません。

それから、運動について。
これは昨日テレビでやっていたのですが、エゴスキュー体操というものです。
ダイエットというよりは姿勢がよくなりそうな体操ですね。
スクールに通うことはありませんが、テレビで紹介された運動だけでも暇な時にやってみようと思います。

あとはお腹周りと太ももの肉をなんとかできれば・・・。

この道を、進むのみ!!でございます。


それでは。

Posted by ヒツジ
Category : 朝礼

さて、そろそろセール時期ですね

こんにちは。
ヒツジです。
市場価格調査のご報告です。


6月も後半になり、巷ではそろそろセールを開始する時期ですね。
わたくしがチェックしているお店としましては、ミスターポーターが早くもセールを始めております。
コロンボはプレセールと致しまして、一部の方?にのみ割引をしているようですね。
アベノミクスで給料が上がった方も下がった方も、狙っている物を安く買えるのは嬉しいこと。
安くなっているからと言って不要な物まで購入することのないように、限られたお金を大事に使いたいものです。

わたくしが狙っておりますのは、フェデーリのデニムシャツです。
デニムシャツはここ数年の流行かと思いきや、なんとなく定番化したような感じがします。
先日購入したルビナッチのコートに合わせたいのですが、どうでしょう。
あれば着るかもしれませんし、なくても困りません。
割引率によってはポチっちゃうでしょう。
970.jpg

最近注目しているフェデーリですが、メンズだけでなくレディースも素敵なアイテムが揃っております。
品数は多くありませんが、どれもが普遍的で上質な感じがします。
価格もセールになれば決して買えないほどではありませんので、気になる方は狙ってみてはいかがでしょうか。

他は特に考えておりませんが、ホワイトデニム欲しいですね。
リーバイスUS501で十分なのですが。
あとはシャツのオーダーが安くできれば、ビジネス用に作りたいです。

今年も伊勢丹新宿店には長蛇の列が出来るのでしょうけれども、わたくしは今年もそれには不参加です。


それでは。

Posted by ヒツジ
Category : 市価調

John Lobb Wareham

こんにちは。
ヒツジです。
本館2階 紳士靴よりお知らせです。


再考 死ぬまでに欲しいあと?足の靴を先日書いたばかりですが、さっそく他に気になる靴が出てきてしまいましたのでご紹介せずにはいられなくなりました。

こちらです。

969.jpg
968.jpg
967.jpg

ジョンロブのウォレハムというモデルです。
3アイレットのチャッカブーツですが、Uチップかつフルライニングになっているという・・・。
もはやチャッカブーツと呼んで良いのかどうか分かりません。
アンクルブーツと呼んだ方が良いでしょうか。
多くの革靴愛好家達にとって、革靴を一番楽しめるシーズンは秋冬ではないでしょうか。
ローファーを履いても良いし、短靴でも良いしブーツという選択肢もある。
わたくしは現在はブーツを所持しておりませんが、前はサイドゴアを履いておりました。
大学生ぐらいの頃ですが。
ブーツはかっこいいのですが、かっこ良すぎてしまうのが難点。
ジョンロブのブーツといいますと、チューダーやジョドファーを想像する人が多いと思います。
もしくはシャンボードブーツ。
いずれも間違いなくかっこいいのですが、自分に似合うかと言われるとYesとは言えません。
そこで気になったのがウォレハムなのです。
上記のブーツほど丈が長くありませんので、ブーツというよりは短靴のような感覚で履けるはずです。
3アイレットという仕様も力が抜けていて好みですね。
着脱も楽でしょう。
フランスでは4色展開なのですが、いずれもケンダルカーフなのです。
写真のは日本のサイトには掲載されていない、ウォルナットケンダルカーフです。
濃すぎず薄すぎずのブラウンで、履いていくうちに経年変色も手伝って一番良い表情になってくるのではないでしょうか。
ソールはアシュビーソールになっております。
あまり馴染みのないラバーソールですが、彫りが深くて頑丈そうな印象です。
ケンダルカーフとアシュビーソールを組み合わせたということは、華奢でオシャレなジョンロブではないということです。
無骨な造りで、「履きまくって自分の靴にしてくれ」と言わんばかりです。
ラストは8695をブーツ仕様にした8595です。
このラストを選んだことからも、やはり無骨なイメージが伝わってきます。

この手のアンクルブーツは写真のように、パンツを少し短めにロールアップして履いてあげると良さそうですね。
カジュアルでありながらもちゃんとした印象です。
ウォレハムに関しましては、雨用として履きたいです。
現在のジョンロブのラインナップの中で、これ以上に雨の日に履きたい靴は見当たりません。

とはいえ、やはり春夏には出番が少なくなるのは目に見えておりますし、そのために20万円の出費はさすがに痛い・・・。
おそらく定番モデルにはならなそうですので、買うなら早い方が良さそうです。


それでは。

Posted by ヒツジ

トランスフォーマー:TOEICの謎

こんにちは。
ヒツジです。
朝礼を始めます。


先に断っておきますが、タイトルのトランスフォーマーは本文とは全く関係がありません。

さて、5月下旬に受けたTOEICの結果が来ました。
結論から言うと、805点でした。
1回目も2回目も、そして3回目も同じ805点。
3月から5月までわたくしの英語力に成長が見られなかったということなのでしょうが、それにしても3回とも同じ点数になるというのはどういうことなのでしょうか。
これはコンボイの謎ならぬ、TOEICの謎と言っても過言ではないでしょう。
学力が変わらない人が何度受けても同じ点数になるような仕組みというのは聞いておりましたが、全く同じ点数とはこれいかに。
考えようによっては、変に上下する人よりも安定した学力が身についているということなのでしょう。
850ぐらいは欲しかったのですが、致し方ないのでこの結果を持って転職活動に挑みたいと思います。

また機会がございましたら、TOEICを受けてみたいと思います。
社会人になるとテストを受ける機会がほぼありませんので、たまには良い刺激になりますね。
空いた時間で読み受けっている洋書達が、点数に影響してくるのか否か。
805点から900点にトランスフォーマーしていただきたい。


それでは。

Posted by ヒツジ
Category : 朝礼

ヒツジ散歩 日本橋〜丸の内

こんにちは。
ヒツジです。
朝礼を始めます。


本日はお休みでございました。
友人と日本橋三越で待ち合わせをして、お買い物。
わたくしはプレゼント用にボールペンを購入致しました。
日本橋三越はいつ行っても良いお店ですね。
あれだけ上品な空気を持った場所が他にあるだろうか。
本当は自分用にシャルべも見たかったのですが、ボールペンの価格が予想を超えてしまったのでそれは節約しました。

ランチはコレド室町で。
適当に入った中華で、トマト冷麺をいただきました。
酸味のあるトマトに卵焼きとエビが入っており、引き締まった冷麺がおいしかったです。
柄にもなく写真を撮りましたのでご紹介します。

966.jpg

三越から丸の内まで歩いて20分ぐらいでしょうか。
今日はローファーを履いておりましたので、歩くのはちょっと辛いです。
ある程度の距離を歩く時はソール厚めの紐靴の方が良いですね。
丸の内では仲通りを散歩しました。
途中、ジョンロブをチラ見して。
空いていたらウィリアムを試着したかったのですが、接客中でしたので物欲だけ増進させる結果となりました。
仲通りにはいろんなカフェがあるのですが、最近好きなのはペニンシュラ前にあるオープンカフェです。
併設されたスタンドで500円ぐらいのドリンクを買って、外で街行く人を見ながら無駄話をする。
かわいらしいモデルさんが撮影しておりました。
そんな撮影スポットにわたくしみたいな人が行って良いのでしょうか。
ちなみに、向かいのカフェコーヴァも好きなお店です。

その後はビックカメラにて家電を買ったりパソコンを見たりして、帰宅しました。
なかなか有意義な1日となりました。
iPadミニの新しいのはまだ出ないのでしょうか?
現在、iPad2を使っておりますのでミニの新作が出たら買い換えたいと思います。

晩御飯の後、近所のカフェに繰り出してきてこれを書いております。
ここ最近は休日に予定が入っており、ブログの更新が出来ておりませんでした。
考えていることをまとめるのにはブログは最適ですね。
読書を小一時間してから帰ろうと思います。


それでは。

Posted by ヒツジ
Category : 朝礼

再考 死ぬまでに欲しいあと?足の靴

こんにちは。
ヒツジです。
本館2階 紳士靴からのお知らせです。

しばらく前に書きました、「死ぬまでに欲しいあと○足の靴」シリーズ。
最初は4足と決めて書いておりましたが、どんどん増えていってしまいました。
読んだことのない方はこちらから読み始めていただけると良いと思います。

死ぬまでに欲しいあと4足の靴 1足目

しかし、時と共に物欲の対象は移りゆくもの。
わたくしの靴欲も円熟期を迎えました。
欲しい靴が変わりましたので、購入意志を固めると共に改めて書きたいと思います。

結果からお伝えしますと、死ぬまでに欲しい靴はあと3足です。
本当は8足ぐらいリストアップしたのですが、なんだかんだで3足に絞りました。
恐らく、購入することになるであろう順にご紹介していきたいと思います。


・1足目 JMウエストン ハントダービー
517.jpg

わたくしが最も敬意を払っている靴メーカーであるJMウエストン。
そのフラッグシップモデルとして君臨するハントは、やはり手に入れておかなければならない一足でしょう。
カラーはライトブラウンを選びたいです。
ウエストンの特にグランクラシックラインの靴はどれも魅力的で絞るのに大変苦労しました。
本当はトリプルソールウィングチップや、タッセルも候補に入っておりましたが熟考を重ねた末に残ったのがハントでした。
この靴はもはや既製靴の範疇を超えております。
こんなに頑丈な靴を履いてどこに行くのかと問われれば、近所の散歩用としか答えようがないのも事実です。
晴れの日も雨の日も、飾る日も飾らない日も履いてあげることにより20年後には最高の表情になってくれると信じております。
傷がついたって良いのです。
時には犬のフンを踏んでしまうかもしれませんが、それでも良いのです。
満員電車で踏まれたって、間違えて靴クリームをベットリつけたって良いのです。
現代、そしてわたくしの生活には完全にオーバースペックですが、それでも良いのです。
そんなことは関係ありません。
人生の伴侶として選ぶ靴は、ハントしかありません。


・2足目 ジョンロブ ウィリアム
957.jpg
958.jpg

先日もシャンボードを試着した記事を書きましたが、ジョンロブはやはり候補に入ってきます。
仕事用というよりはカジュアル用で使いたいのがこちらのウィリアムです。
無論、ウィリアム2ではありません。
以前にウィリアムをご紹介した時はバッファローメレーゼが良いのではないかと思いましたが、現在ではブラックカーフにするつもりです。
なぜなら、ブラックカーフのウィリアムこそが一番ウィリアムらしいと感じたからです。
この媚びてない感じが現在では影の薄くなった無骨なジョンロブを表しています。
適度にぽってりしながらも美しさを保ったラスト9795。
そしてダブルソール。
同じデザインでも時代と共にラストが変わっていくジョンロブにおいて、昔から変わらない精神を持っている数少ない一足だと感じております。
今っぽくはないかもしれませんが、決して古くない。
まさにクラシックです。
デニムに合わせても良いし、スーツに合わせても良い。
わたくしのイメージでは、服はなるべくカジュアルにして靴はこれっていうのが好きです。
最後に一言言わせてください。
「ただ、欲しい」


・3足目 ジョンロブ シャンボード2
956.jpg

これはわたくしの靴道楽のラストピースとなるでしょう。
手持ちのウエストンの靴は決してスマートとは言えませんので、ちょっと良いレストランなどに行く時には少し厳しい。
それを補ってくれるのがジョンロブであります。
フィリップ2、ウィリアム、シャンボードを持っていればジョンロブを十分に楽しめるはずです。
Uチップですのでカジュアルさを残しながらも、綺麗なラストと上質な革が履く人を良い場所へ連れていってくれると信じております。
写真は現在、日本だけで発売されているモデルです。
ミスティカーフをバイカラーで使用し、ソールはオクトーバーですね。
こういった色の大きく違うバイカラーのアッパーは、バイリクエストでも受け付けていないそうです。
かなりクラシックな印象ですが、個人的に好きかと言われると微妙です。
ミスティカーフもあまり好きでありません。
ミスティとかミュージアムはシワの入り方がどうもきついような感じがします。
良い革靴って履けば履くほど味になるのに対し、これらのレザーはやつれみたいになってくる印象です。
そしてジャーミンストリート店にも問い合わせてみましたが、既製でダブルソール仕様のシャンボードってほぼ作っていない?ような感じでした。
在庫がないとのことでしたが、もちろんオーダーは出来ます。
本国だと3~4ヶ月で上がってくるんですね。
ちなみに、メールをくれたジャーミン店の方もダブルソールが人気と言っておりました。
それなら既製でダブルソールを作れば良いのにと思うのですが、オクトーバーに比べて手間がかかるのでしょうか。
今年のバイリクは先日終わってしまったので、来年のバイリクでオーダーする予定です。
アッパーをどうするかはその時のレザーのストック次第なのですが、カラーはダークブラウンにします。
靴の精神に則って、なるべく頑丈なアッパーを選びたいですね。
ケンダルカーフとかがあればそうしたいです。
あとは頑丈かはわかりませんが、オックスフォードカーフも好きですね。
シャンボードの雰囲気とは少し違うかもしれませんが・・・。
とにかく、単色でムスッとしたアッパーが良いです。
ソールはもちろんダブル。
20万の出費は痛いですが、これから貯金すればなんとかなるかも・・・。


以上です。
3足ともダブルソールという、頑丈な靴ばかりになってしまいました。
しかしどれも普遍的なモデルで、長く愛せるに違いありません。
限られた下駄箱のスペースを最大限に活用するために、最低でもこの3足は我が家にお越しいただかなければ!


・番外編 JMウエストン 310
515.jpg

下駄箱のスペース次第ではこちらも購入したいのです。
ウエストンのラスト11はわたくしの足にはぴったりなのです。
まさにビスポークしたかのよう。
しかし、黒のウィリアムがあれば310はあまり出番はないかなとも思い、とりあえずは上記3足だけにしておきます。


それでは。

Posted by ヒツジ

フィレンツェのオーダーシャツ Paolo Gennari

こんにちは。
ヒツジです。
本館2階 紳士衣料からのお知らせです。


わたくしはスーツを着る仕事をしておりますので、シャツは必須アイテムです。
数年前にまとめて作ったシャツがどれも傷んできており、今回お願いしたのがフィレンツェにあるパオロ・ジェンナーリというお店です。
今までは日本橋三越で何度もオーダーして襟型にも無駄にこだわってみましたが、一度リセットしてそのお店のハウススタイルを経験してみようと思ったのです。
ここのお店はオンラインで注文できるのですが、複数枚の注文用ではないようでしたのでメールでやり取りしておりました。
そして先日届きましたので、ご紹介させていただきます。

わたくしは以下の3枚を注文しました。

960.jpg
962.jpg
961.jpg

上から、白のオックスフォード。襟型はクラシックで、ボタンホール、ボタンは手縫い。
肩も手縫いにしました。
今まで経験したオックスフォード生地とは違い、イタリアの生地らしく柔らかく織りの甘い生地です。
一度家庭で洗濯してみたのですが、生地の縮みは感じられませんでした。
また、ここで使っているボタンは高瀬貝のようですね。
白蝶貝にこだわりはないのですが、美しさではやはり白蝶には敵わず。
しかし耐久性や実用性などを考えると高瀬貝も良いのかなと思います。


真ん中はライトブルーのポプリン。襟型はクラシックで、オプションは何もつけておりません。
手持ちのシャツでポプリンと言いますとトーマスメイソン生地のものが多いのですが、やはりイタリア生地らしく織りの甘いポプリン。
コットン100%ながら、肌触りはツルっというよりはカサっ。
化繊入りと言われれば納得してしまいそうです。
オックスフォードにも共通することですが、とにかく生地が軽い。
そして通気性が良い。
強度と着心地のバランスがとれたポプリンだと思います。
クリーニング後、縮みが発生しました。
あくまで体感ですが、ネックとリストは0.3cm、着丈2cm、袖1cm、身幅1cmほど。
ネックもリストもギリギリのサイズでオーダーしたため、ちょっときつくなりました。
そして袖もジャケットから出なくなってしまいました。
今後、クリーニングの度にサイズが変わっていくようであればカジュアル用にするつもりです。


一番下はブルーのポプリン。襟型はイタリアンで、肩が手縫い。
上記2枚との一番の違いは襟型です。
今までワイドスプレッドばかり着ておりましたが、改めてクラシックな襟型を着てみるとこちらの方が自分に似合っているように感じました。
わたくしは首が短くないので、襟の立ち上がりがあるように見えるクラシックタイプの方が良さそうです。
そしてポプリン生地ですので、こちらもきっと縮むでしょう。
イタリアンスタイルと言いながら、襟のポイントは短めですので品を損なうことはありません。
むしろカジュアル用にしてあげた方がはまりそうです。


3枚とも前たてはボックスプリーツ、背中はプレーンバックにしました。
このあたりはシャルべを意識しました(笑)
どうせなら裾もスクエアテイルにすれば良かったかな。
次回リクエストしようと思います。


ボタンの手付けはこのようになります。

963.jpg

肩の手縫いとマシン縫いの違いです。
見にくくて申し訳ございません。
お判りになりますでしょうか。

965.jpg
964.jpg


生地の特性を掴んでから、仕事用のシャツはしばらくこちらにお願いしようかと思っております。
メールでの対応も良かったですし、シャツの仕上がりも丁寧な感じがしました。

次回の改善点としましては、袖の長さを2cmプラス、リストを1,5cmプラス。
オックスフォード生地が縮まないのであれば、ポプリンは諦めてオックス一択にするつもりです。
イタリアの生地は縮むのが怖い。
去年買ったペロフィルの極上パジャマもわたくしの扱いが悪かったために、どんどん縮んでしまいましたし・・・。
シャルべのシャツをたくさん買えるお金があれば良いのですが、そうも行きません。

自分で採寸をしてオーダーをすることで、自分の体と向き合うことが出来たように思います。
送料が結構かかってしまいますので、フィレンツェに行く機会があれば現地で受け取りたいですね。

教訓:
初めてのお店でシャツをオーダーする時は、可能な限り少ロットで作りましょう!


それでは。

Posted by ヒツジ

真のダイエッターへの道は、まだ遠い!?

こんにちは。
ヒツジです。
朝礼を始めます。

本日はわたくしのダイエットについて、途中経過をお伝えしたいと思います。
まずはこちらの表をご覧ください。

959.jpg


体重計に毎日乗ることを心がけ、スマホのアプリを使って体重を記録しております。
グラフの動きの通り、着実に減ってきております。
しかし、決して厳しくも苦しいダイエットをしているわけではありません。
それどころか、こんなに楽して良いのでしょうかと思うぐらいゆるくやっております。

本日は今わたくしが行っているダイエットをご紹介致しますので、ダイエッターの方々への参考になればと思います。

さて、全く大したことをやっているわけではないので改めてご紹介するのは恐縮なのですが。

・まず一番重要なことは、体重計に毎日乗ることです。
正直、乗れない日もありますが体重計に乗るのは最優先事項だと思います。
体重計に乗るのが怖くて乗れない方、気づいたらデブになってますよ。
そうならない為に、今夜から乗り始めましょう。

・次に重要なことは、自分の食生活と運動の見直しです。
わたくしの場合、仕事のせいで帰宅が10時を過ぎることが多いのです。
今までは帰ってきてから普通に晩御飯を食べておりましたが、これを止めました。
現在はキャベツを中心に、トマトや豆腐、ヨーグルトを食べております。
あとはシラスが好きなので、たまに少量のご飯にシラスをたっぷり乗せて食べております。
夜なんてご飯をたくさん食べても後は風呂に入って寝るだけですので、多くのカロリーを摂取する必要なんてありません。
キャベツは飲み込むまでに噛む回数が多くなる野菜ですので、満腹中枢を刺激してくれます。
たくさん食べてもカロリーは少なく済みますし、なによりよく食べた感があります。
野菜って消化がよくて、お腹いっぱい食べたつもりでも数時間後にはお腹が減っていたりします。
豆腐はオススメですね。
わたくしはももやの麺つゆが好きなのですが、これを必要最低限にして十分な量、大さじ一杯ぐらいかけます。
これだけで非常においしい。
最近は白米よりも豆腐の方が好きになりつつあります。
ヨーグルトはデザート的な感じですね。

朝と昼は普通に食べております。
と言っても、わたくしはもともと大食いではありませんので、昼なんかはうどんばっかりです。

外食の時でも油っこいものは避けるようになりました。
アサイーとかのヘルシードリンクとか飲んだりしています。
ハンバーガーやラーメンは食べなくなりました。
ラーメンに関しましては唯一例外として、福しんの手揉みラーメン麺少なめは食べてもOKです。
油っこくありませんので。
お酒とタバコが好きな方はこのあたりも減らした方が良いと思います。

それから運動。
鍛えたい方はジムとかに通うのも良いのかもしれませんが、わたくしはウォーキングをオススメします。
ウォーキングはストレス発散にもなりますし、なにより歩くのって楽しいですよね。
有酸素運動で脂肪の燃焼にも良いみたいですし。
そして最低限の道具を揃えてしまえば、それ以上お金がかからないのも良いのです。
Tシャツと運動用のパンツ、あとはウォーキング用の靴。
高価なウォーキングシューズを買う必要はありません。
わたくしは6000円ぐらいで買ったニューバランスを履いております。
ウォーキング用とランニング用の靴は作りが違うので、ランニング用の靴を履いてのウォーキングはオススメしません。
街歩き用のスニーカーでクッション性が適度にあるものが良いのではないでしょうか。

ウォーキングを行う時間帯が意外と大切です。
有酸素運動は終わってからも5時間ほど効果が持続するらしく、これを考えると夜中にやるのは得策ではありません。
出来れば午前中か昼過ぎにはやるようにしましょう。
わたくしは休日の昼前後にやるようにしております。
時間で言いますと、早歩きで45分ぐらいでしょうか。
適度な疲れと体のほぐれから始まる休日も良いものですよ。
少なくとも寝てるよりは良いでしょう。


以上です。
耳寄りダイエット情報みたいなものを期待されていた方には申し訳ないぐらいの、基本的な内容でした。
しかし、テレビなどで紹介されるような簡単なダイエット以上に簡単だと、個人的には思います。
ちょっと食事に気をつけて、ちょっと運動する。
あとは体重計に乗るだけ。
ダイエットと言うよりも、体を崩れた生活習慣から本来あるべき場所に戻してあげるような感じでしょうか。


これから夏に向けてダイエットを始めようと思っている方、また現在ダイエットに行き詰まっている方も食生活と運動を是非見直していただければと思います。


それでは。

Posted by ヒツジ
Category : 朝礼
google-site-verification: google4ec9ce459aaf71f7.html