ヒツジ百貨店 | 食パン的美しさ

どうなる!?2016年

こんにちは。
ヒツジです。
朝礼を始めます。

最近は少し体調も回復してきたのか、気が向いたら更新をするようにしております。
思えば、外に何かを発信したい気持ちは自分の元気のバロメーターかもしれません。
といいますのも、ツイッターを見返すと仕事がきつい時期にはかなり無口になっておりました。
現在は、少し前の自分を見返す程度の余裕がでてきたと思います。

さて、わたくしの周りに限ったことではありますが、なにやら今年はあまり良い話を聞きません。
親が亡くなった
親戚が亡くなった
彼女が転勤するかも
今までにない体調不良、など。
ニュースでも芸能人の不倫はさておき、災害や選挙、オリンピック関連でも明るい話が聞こえてきません。

今年ももう半分が終わろうとしています。
年初に立てた計画は全然進んでおりませんが、ここから巻き返したい。


それでは。

Posted by ヒツジ
Category : 朝礼

リーバイスUS501のその後

こんにちは。
ヒツジです。
本館2階 紳士衣料からのお知らせです。


2年程前にリーバイスのUS501を購入したという記事を書きました。
原点にして頂天

最近では週4ぐらいの頻度で履いており、少しずつ表情が出てきました。
この前美容院に行った際に、担当のお兄さんから色を褒められたのでアップしたいと思います。

Before
596.jpg

After
1086.jpg

個人的には腰のアタリが良い感じになってきたと思います。
これはこれでもっと育てて、2本めを購入しようか検討中です。
現在、いろんな501が出ておりますが、わたくしは定番のシュリンクトゥフィットが好きです。
手頃なプライスもリーバイスの魅力だと思うのです。


それでは。

Posted by ヒツジ

Crockett & Jones Pembroke

こんにちは。
ヒツジです。
本館2階 紳士靴からのお知らせです。


最近はまた靴について考えています。
本当は去年の12月に行くはずだったフランス旅行に行けなくなってしまい、1ヶ月後についにリベンジする機会が訪れます。
購入リストはほぼ固まってきてはいたものの、ここに来てニューカマーが。
こちらです。

1084.jpg
1085.jpg

クロケット&ジョーンズのペンブロークというモデルです。
フランスに行くのに英国靴を買うの?と思われる方もいるかもしれませんが、まあ良いではないですか。
この靴は1990年に発売されて以来、30年近くも生産され続けているロングセラーモデルです。
今っぽい靴が多くなってきたクロケットのラインナップにおいて、質実剛健なカントリーシューズ丸出しです。
仕様は、5アイレットのダービーフルブローグ、ストームウェルト、ダブルソール、ダイナイトソールです。
アッパーはグレインレザーとキャバルリーカーフがあるのですが、断然グレインレザーでしょう。
特に写真のタンは一番「らしい」色ではないでしょうか。
悪路の時こそ本領発揮してくれるのは間違いありません。

使用されているラストは325。
少し幅広め、甲高めのラウンドトゥといった感じでしょうか。
ヒールやウエストも攻めてはいなそうです。
もちろんそこが魅力なのですが、果たして自分の足に合うのか。
特に履いている方の写真を見る限り、ほとんどの場合羽根が閉じ切っております。
厚手のソックスを着用する前提なのでしょうけれど、現代においてそれはコスプレでしかありません。
せめて試着だけでもトライしてみたいと思います。

この靴を愛用されている方、参考までにフィット感や使用頻度などを教えていただけますと幸いです。


それでは。

Posted by ヒツジ

プロの販売員はどこへ行った?

こんにちは。
ヒツジです。
市価調です。


久しぶりの更新です。
今日は近頃の販売員さんのレベルについて思うところがありましたので書きたいと思います。

先日、時計を見たくて百貨店内の某有名時計メーカーのコーナーに立ち寄りました。
おそらく50歳前後の女性の販売員さんに対応していただきました。
わたくしは体の割には小さいフェイスが好きなので、白文字盤で37mmのものを出していただきました。
その際に、一字一句覚えているわけではないのですが
「白文字盤が好きなんですね、爽やか系ですね」ですとか
「小さい時計が好きなんですね、大きい時計でもいいんじゃないですか」
のような事を言われました。
接客トークとしては悪くないのかもしれませんが、その表情や言い方でなんだか自分の好みを馬鹿にされているように感じてしまいました。
また、その時計は機械式のセンターセコンドの時計だったのですが、彼女はしばらくクォーツだと言い張っておりました。
針の動きを見れば一目瞭然なのに。

決して彼女を責めるつもりはありません。
もしかしたら時計の販売が初めてで、売場に立つのも初めてだったのかもしれませんから。
トークについてはお客様の気持ちを読み取りながら進める必要があるので、ある程度のセンスは必要だと思います。
しかし、商品知識については本人が勉強する部分ももちろんありますが、教育がなされていないのだなと感じました。
誰だって初めての仕事は障害だらけです。
売場に立つ前に、まずは基本的なことを理解しているかの確認をするのもマネージメントでしょう。
「調べてきて当たり前、知っていて当たり前。だから確認なんてしない」という考えの方もいるでしょう。
でも、それってお客様の為になるのでしょうか。
お客様に迷惑をかける前に、まずは基本的なことを確認してあげても良いのではないでしょうか。


ヨーロッパで買い物をするとお店の規模に関わらず、プロフェッショナルな接客を受ける機会が多いように感じます。
販売という仕事を専門職と考えるか、誰でも出来る仕事と考えるかの差でしょうか。
日本においての販売は後者と考えている人が多いのかもしれません。
その結果、接客はおろか自分の商品さえ理解していないような販売員さんが増えてきているのかもしれません。
思えば、日本で良い接客を受けた記憶があまりありません。
そもそも店で買う機会が減ったのもありますが、プロの販売員さんに出会えない事がその原因の一つかもしれません。

商材の知識があって、その中で自分の扱う商品を理解していて、トークにおいても丁寧に言葉を選ぶ。
そんなプロの販売員はどこへ行った?

Posted by ヒツジ
Category : 市価調

新ブログ「ヒツジ旅行部」のお知らせ

こんにちは。
ヒツジです。
朝礼を始めます。

この度、わたくしがヨーロッパ旅行で撮った写真をアップすることをメインとして新ブログを立ち上げました。
以下、ブログのURLです。
ヒツジ旅行部

フェイスブックやツイッターとも連携しております。
退屈な日常の中で、少しだけ旅行気分を味わっていただけるサイトとしてご覧いただければと思います。


宜しくお願い致します。

Posted by ヒツジ
Category : 朝礼

Facebookページを作りました

こんにちは。
ヒツジです。
朝礼を始めます。


この度、Facebookにてヒツジ百貨店のページを作りました。
ブログでは一方通行になってしまいがちなコミュニケーションも、フェイスブックでは双方向で行う事が出来るのではないかと思います。
ツイッターのフォロワーさんも少しずつ増えてきて、コメントをいただく機会も増えてきましたので今よりもさらにコミュニケーションを図りたいと考えております。

もし差し支えなければ、フォロー?をお願い致します。
ヒツジ百貨店Facebook


ヒツジ百貨店

Posted by ヒツジ
Category : 朝礼
google-site-verification: google4ec9ce459aaf71f7.html