ヒツジ百貨店 | 食パン的美しさ

今年もありがとうございました。

こんにちは。
ヒツジです。
朝礼を始めます。

早いもので、今年も終わろうとしています。
大晦日まで仕事の方にも、年末年始がお休みの方にも、新年は等しく訪れます。
皆様にとって、今年はどんな年でしたでしょうか。
わたくしにとっては、厄年と言ってもよいぐらいの1年でした。
ニュースをつけても自分の事についても、良いニュースが見当たりません。
せいぜいオリンピックぐらいです。
しかし、見方を変えれば良い事がなかった1年というのは決して無駄ではないと思います。
そこにはいつも以上に、自分を飛躍させてくれる種があるはずです。
良い事が少なかったからといって2016年を嘆くのではなく、逆にそれを良しとして受け入れることでいつかその種は芽を出すと信じています。
なにはともあれ、1年の疲れを蕎麦と熱い風呂で流して新しい年を迎えようではありませんか。

最後になりましたが、今年もヒツジ百貨店をご愛顧いただき、誠にありがとうございました。
福袋の発売は今年も行いませんが、皆様の暮らしが少しでも豊かになることのお手伝いは引き続きさせていただきたく思います。

また来年も宜しくお願い致します。
よいお年を。


ヒツジ百貨店

Posted by ヒツジ
Category : 朝礼

ジョンロブ シティ、フィリップ2を磨きました

こんにちは。
ヒツジです。
本館1階 メンテナンスコーナーからのお知らせです。

ジョンロブ シティ、フィリップ2を磨きました。
1395.jpg

内容は
・デリケートクリーム
・補色
・コバ補色
です。

シティは未だワックスが残っている感じがしますが、それでも磨く度に少しずつ革本来の輝きに近づいてきていると感じます。
あと1年ぐらいしたら白っぽさやワックスの不自然な光沢がなくなり、素材の良さが引き立ってくるでしょう。

フィリップは最近になってやっと、ノーズの長さにも慣れました。
購入時は長めのノーズに違和感を感じながらもラストの美しさに見とれていましたが、現在は革質・履き心地・ラストなど全てが自分の物となったように思います。
どうやらこの靴に使われているオックスフォードカーフというのは非常に素直な革のようで、とにかく表情が豊かなのです。
艶の感じや色の抜け、乾燥具合などが分かりやすく、それ故につい手入れをしてあげたくなります。

そして、靴磨きの中でも最近力を入れている工程は「コバ補色」です。
コバはアッパーに比べてつい手入れを怠りがちですが、いくらアッパーが綺麗でもコバの色が剥げていたり、痛んでいてはかわいそうです。
コバインキを使うのがベストかもしれませんが、ブラックやダークブラウンの靴ならば簡易的にアッパーに使うクリームを塗るだけでも違ってきます。
「オシャレは足元から」という言葉がありますが、靴を人に例えるなら足元はコバやソールでしょう。
特に人目につくコバまでしっかり手入れしてあげることで、靴の印象は大きく変わります。
オシャレは足元から、靴磨きはコバから。
靴磨きを楽しみましょう。

Posted by ヒツジ

極上の幸福

こんにちは。
ヒツジです。
朝礼を始めます。

暖かいベッドの中で目を覚ます。
簡単な朝ごはんを食べ、身だしなみを整え、会社に行く。
厳しくも楽しい仕事に励む。
カフェで一息ついてから、狭くて暗い部屋に帰宅する。
質素な晩御飯を食べる。
熱い風呂にゆっくり入る。
好きなテレビを観たり、好きな本を読んだりする。
少量のお酒を飲む。
歯を磨く。
暖かいベッドに入る。

これ以上の幸福がどこにあるのでしょうか。
愛する家族、恋人、友人までいれば、他に何を望むのでしょうか。

Posted by ヒツジ
Category : 朝礼

ツナガッテイル

こんにちは。
ヒツジです。
朝礼を始めます。

2ヶ月ほど前に、村上春樹さんの「ダンス・ダンス・ダンス」を読みました。
どうやら影響を受けてしまったようで、私生活において「繋がっている」と感じる出来事がいくつかありました。
それらはいずれも偶然でしかないのですが、思考が現実になったのか、そう認知するようになっただけなのか。
職場とは全く関係のないところで前の同僚と遭遇したり(2人も)、好きな女優さんと遭遇したり。
他にも細かい繋がりに気づく事がありましたが、どれも小さなものです。
しかし、明らかに何かが転がり始めています。
同じタイミングで、大学から付き合いのある友人との連絡がつかなくなりました。
何かが繋がっている。
見方を変えれば、この世は繋がりだらけなのかもしれません。

Posted by ヒツジ
Category : 朝礼

ジョンロブ ウィリアム ブラックカーフを磨きました

こんにちは。
ヒツジです。
本館1階 メンテナンスコーナーからのお知らせです。

ジョンロブ ウィリアム ブラックを磨きました。
1394.jpg

内容は
・デリケートクリーム
・補色
です。

今回の磨きで元々あったワックスが少し落ちたように感じます。
しかし、この靴は硬い。
革も硬ければ履き心地も硬いのです。
わたくしはいつも右足の小指とカカトが当たるのですが、ある程度馴染めばそれもなくなります。
先日届いたバッファローのウィリアムは少し馴染んできた感があるのですが、ブラックカーフは時間がかかりそうです。
この靴に使われているラスト9795は、少し緩めです。
カカトが浮かないサイズを選んだものの、履き始めはゆとりがあります。
しかし、時間が経って足が浮腫むせいでしょうか、明らかにフィットしだすのです。
それも考慮してのこのラストなのでしょうか。
そのくせボールジョイントは割とタイトな作りだと思います。
最近ではDウィズのウィリアムも置いているお店がありますが、カカト重視でDウィズを選ぶとボールジョイントでやられるかもしれません。
靴は試着だけでは分からないことも多いですから。

Posted by ヒツジ

アントニオマウリッツィ スエードストレートチップを磨きました

こんにちは。
ヒツジです。
本館1階 メンテナンスコーナーからのお知らせです。

アントニオマウリッツィ スエードストレートチップを磨きました。
1393.jpg
1392.jpg

内容は
・スエードシャンプー
・アッパー補色
・コバ補色
・紐交換
です。

この靴は2007年か2008年頃にフィレンツェの靴屋さんで購入し、仕事用で大活躍してくれました。
インソックを一度交換しています。
また、今回は外側のケアをしましたが、ラバーソールもかなり消耗しており、腰裏の革も交換が必要です。
左足のキャップのステッチも弱くなっています。

当時、セールで1万5千円ぐらいで購入した記憶があります。
アッパーに傷はあるものの致命的なものではないですし、ケアをしてあげればまだまだ活躍してくれそうです。

Posted by ヒツジ

過去記事アップデート

こんにちは。
ヒツジです。
朝礼を始めます。

ブログを始めて約3年経ちましたが、お恥ずかしながら過去記事をアップデートするということに全く意識がありませんでした。
昔の記事を見返してみると、文体も大分ラフですし、情報が現在と異なっているものもございます。
一部の記事につきまして、一度公開を中止し、アップデートした後再公開したいと考えております。
一度に出来るものではありませんので、随時という形にはなってしまいますが、その間ご不便をおかけしてしまうことをお許し下さい。

宜しくお願い致します。

Posted by ヒツジ
Category : 朝礼

これにて打ち止め

こんにちは。
ヒツジです。
朝礼を始めます。

今年もあと2週間足らずで終わろうとしております。
きっと皆様にとっても色々あった1年でしたでしょうし、わたくしにとっても色々ありました。

お買い物については、先日ヅィメリーのトランクスを2枚購入して、今年はこれにて打ち止めとなりました。
ブログの記事は130本強書きました。
今日は棚卸し的な意味で今年購入したものをリストアップしたいと思います。

・アウター
ラベンハム ポリエステル
ラベンハム ウール

・セーター
ジョンスメ カシミヤセーター
アイスランドセーター

・シャツ
パオロジェンナーリ デニムシャツ

・靴
クロケット モールトン
ウエストン 180
ウエストン 598
ウエストン ゴルフ
ジョンロブ ウィリアム
ジョンロブ ウィリアム
ジョンロブ シティ

・肌着
靴下 3箱
ヅィメリートランクス 4枚

・革小物
メゾンフェ マウスパッド
メゾンフェ ペンホルダー
チェッレリーニ コインケース、カードケース、財布など12点

・その他
マイセン マグカップ
トゥルフィット&ヒル シェービングセット


こうして見ると、正気の沙汰ではないほどよく買ったなと自分でも思います。
来年の買い物予定は、大きなところでは靴コレクションの完成と時計です。
あとは余裕があれば椅子。
他は部屋着と肌着の充実です。
そこをクリアしてしまえば、必要最低限の生活を楽しむのみです。

ああ、無情。

Posted by ヒツジ
Category : 朝礼

寒くて眠い冬の朝を楽しむために

こんにちは。
ヒツジです。
朝礼を始めます。

毎日本当にお寒いですね。
都内ですら朝起きるのが大変ですので、北の方にお住まいの方は寝坊しても怒られる筋合いはないのではないかと思います。
とはいえ、決められた時間に起きなければなりません。
朝起きた瞬間から、1日のうちでおそらく一番憂鬱な「起きる」ことをしなければならないこの季節。
起きることを楽しむために、わたくし達になにが出来るでしょうか。
ちょっと考えてみました。

・お気に入りコーデの服を前日夜にセットしておく
好きな服を着る楽しみを寝る前に用意しておくことにより、早く服を着たいがためにスムーズに起きられる・・・かもしれません。
難点としては、お気に入りコーデを毎日用意出来るか分からない事と、その日の気分と違うコーデを用意してしまう可能性がある事です。

・早起きスタンプを貯める
早起きを続けた自分へのご褒美を作ります。
例えば、2週間続けて早起きが出来たらあれを買おう、これをしよう、どこへ行こう、など。
期間やご褒美の内容は自分次第ですが、続けるとなると生半可なご褒美ではベッドからは抜け出せないでしょう。

・1日だけ早起きしてみる
いつもより1時間だけ早く起き、好きな時間を過ごします。
職場や学校の近くでカフェに入っても良いし、家でゆっくりコーヒーを淹れても良い。
とにかく、1日だけやってみます。
その早起きが自分にとって続ける価値があるほど心地よいものであれば、毎日ではなくてもある程度続くのではないでしょうか。

・早起きはダイエットだと思い込む
早く起きることにより、陽に当たる時間と活動時間が増えるので多少なりともダイエット効果もあるのではないでしょうか。
実際にダイエットになるかどうかよりも、思い込むことが大切だと思います。
難点は、痩せる必要のない人にはなにもメリットがないことです。


冬の朝の前では、わたくしの考え付くような施策は焼け石に水かもしれません。
ここは是非、皆様のお知恵を拝借させていただきたく思います。
「自分はこうして早起きしている、早起きを楽しんでいる」を是非教えてください。

宜しくお願い致します。

Posted by ヒツジ
Category : 朝礼

イタリアからの贈り物

こんにちは。
ヒツジです。
本館2階 紳士衣料からのお知らせです。

2ヶ月ほど前にこちらの記事を書いてからというもの、メーカーとの連絡がスムーズに取れず
余計な時間がかかってしまいましたがついに完成しました。
デニムシャツを作ります

こちらです。
1389.jpg
無骨なデニム生地かと思いきや、イタリア製のシャツらしく上品で色気のある生地でした。
軽くぬるま湯につけて色を落とし、ワンウォッシュしてから着ています。
オーダーの仕様は以下の通りです。
・クラシックカラー
・ラウンドカフ
・ボックスプリーツ
・プレーンバック
無骨で控えめな仕様と生地感の間にギャップが生じたのは誤算ではありましたが、結果としては良かったと思っています。
きっと生地を触って判断していたとしたら、イタリアンカラーに2ダーツを入れていたかもしれません。
それでは何だかtoo muchです。
オプションはつけていないので、全て機械縫いです。

前回から修正したサイズもドンピシャでした。
1cmの違いはとても大きいのです。

今後もシャツはここにお願いするつもりです。
連絡がスムーズにいけば言うこと無しなのですが。

Posted by ヒツジ
google-site-verification: google4ec9ce459aaf71f7.html