ヒツジ百貨店 | 食パン的美しさ

帰国して感じたこと

こんにちは。
ヒツジです。

しばらくブログの更新が途絶えてしまいましたが、今日から本格的に再開致します。
楽しみにしてくださっている方、改めてよろしくお願い致します。

10日間日本を離れていたわけですが、更新をしていないのにブログを見てくださる方、ツイッターをフォローしてくださる方、私から商品を購入してくださる方など、本当にありがたいことだなぁと実感しております。
帰国して3日ほど経ちましたが、やっと疲れが取れた感じがします。
3日間で、ロンドンとパリではなかなか思うように出来なかったことをやっていました。
大したことではないのですが、サラダをいっぱい食べたりラーメンを食べたり、ゆっくり風呂に入ったり。
ウォッシュレットつきのトイレって本当にありがたいですね。
今回はパリのホテルがいまいちで、用を足すのにも一苦労するような環境でした。
大きい方はほぼ不可能に近い状態でした。

パリといえどもウォシュレットつきのトイレってほぼ無いに等しいんです。
5つ星ホテルぐらいであるかどうかだと思います。
そんな中、わたくしは探しましたよ。
これはパリを訪れる方にはかなり朗報のはずです。
そして見つけました。
新しい建物なら新しい設備があるだろうということで、2年ぐらい前?に改装したばかりのオランジュリー美術館。
地下1階の男性トイレには3つほど個室があるのですが、そのうち一つだけがウォッシュレット装備でした。
これに大変感激し、大して出る気配もないのに座ってしまいました。
案の定大して出ませんでしたが、次回から入館料を支払ってでもウォッシュレットトイレを使いたいなと思います。

食べ物も日本は本当に選択肢が多くてありがたい。
晩ご飯でも1000円ぐらい出せば結構選べちゃう。
パリではそうはいかないんです。
ちょっとしたお店に入ると数千円かかっちゃうし、かと言って適当な店に入ってもおいしくないことが多い。
そうなるとブランジュリーが安定になるわけです。
クロワッサンの食べ比べなど始めちゃうわけです。
これはこれでおいしいんですけど、やっぱり栄養的によろしくない。
サラダも肉も恋しくなる。
これは次回の課題ですな。

パリのサントノーレ通りではラーメンのイベントをやっておりました。
帰国して知ったのですが、ズズットというイベントで、一風堂他、5店ぐらいのラーメン店が一つの店に集結していたようです。
地元のパリジャン達が店内にも店外にも並んでおりました。
もはや日本のソウルフードともいえるラーメン。
海外にはまだまともなラーメン店は少ないけれど、ちゃんとした日本のラーメンが海外進出するのは時間の問題でしょう。

とまあ、こんな感じで日本にも素晴らしいところはいっぱいあるなと感じることが出来ました。

あとは、露出度の高い女性が多いのもわたくしたち男性にとってはありがたくも嬉しいことです。


それではまた!

Posted by ヒツジ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hitsujihyakka.com/tb.php/100-1adeb3e8
google-site-verification: google4ec9ce459aaf71f7.html