ヒツジ百貨店 | 食パン的美しさ

死ぬまでに欲しいあと4足の靴 6足目

こんにちは。
ヒツジです。

えー、タイトルの通りです。
不本意ながら、欲しい靴がまた増えてしまいました。
とりあえずご紹介します。
こちらです。

533.jpg
534.jpg
535.jpg

ジョンロブの代表するローファー、ロペスのダークオークカーフです。
なにが良いのかといいますと、このぼってり感。
ウエストンのローファーよりもぼってりした感じがして、力の抜けた感じがします。
ロブのローファーの中でもまるっこいラストなので、気取った感じがしないのです。
アッパーのバリエーションはいくつかあります。
ミュージアムだのミスティだのスエードだの。
でもわたくしはダークオークカーフを選ぶ。
ダーク過ぎないブラウン。
明る過ぎないブラウン。
良いんじゃないでしょうか。
ウエストンのダークブラウンローファーでも全然良いのですが、あちらはアニリンカーフなので手入れがどうなんだろうという点と、色抜けが気になりそうなのです。
味といえば味なんですけどね。
アニリンクリームぬりぬりして終わりじゃ、靴磨きしてる感じがしないじゃないですか。
そういった理由でウエストンのダークブラウンは購入していなかったのですが、その隙間を埋めるがごとくロペスが登場したわけです。

ジョンロブの客層がよろしくないのは知っております。
都内でショップに入ると、何の仕事してるんだかわからないお兄さんや、怖そうな部下を2人ぐらい外に待たせて試着してるおじさんに遭遇します。
価格設定も良くわからないですし。
とはいえ、既成靴としては最高峰のはずなので、このロペスも試してみたいのです。
日本限定で出たバイカラーのロペスもなかなかシャレているのですが、完全春夏仕様のような感じなので却下です。
一年中履くかは別として、一年中履ける色を選びたいのです。

ロブはそれぐらいで良いかな。
フィリップとウィリアムとロペスがあれば十分でしょう。
場合によってはシティ2が加わっても良いかもしれませんが、ウエストンの300を愛用中なのでシティが入る隙はありません。

これまでに挙げた6足の中から4足に絞る必要があります。
スタイルで見ていくと内羽根キャップトゥの使用頻度は高くないので、300ブラウンと310ブラックが予選落ちになります。
そう考えると辛くなってきたので考えないことにします。

身だしなみにはお金がかかりますね・・・。


それではまた!

Posted by ヒツジ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hitsujihyakka.com/tb.php/163-2b3e2b55
google-site-verification: google4ec9ce459aaf71f7.html