ヒツジ百貨店 | 食パン的美しさ

三越の新ショッパーに思うこと

こんにちは。
ヒツジです。

今日は、4月から新しくなった三越の新ショッパーについて書きたいと思います。

今まで使われていた白をベースに赤と青のラインが入ったショッパーになったのは57年前だそうです。
デザインを手掛けたのは友禅作家で重要無形文化財(人間国宝)の森口邦彦さんという方です。
これが新ショッパーです。
536.jpg


それはどうでも良いのですが、どうしてこのタイミングでショッパーを変更したのか。
ショッパーというものはその店の顔でもあり、特に三越のような老舗においてはしかるべき理由がなければ変える必要はないと個人的には思います。

わたくしは数年前まで三越は好きでしたが、最近はそうでもなくなりました。
理由は、大嫌いな伊勢丹と統合したからです。
統合しただけならまだしも、なんだか三越の雰囲気が変わってしまったし、大阪は三越伊勢丹ネームでの出店だったはずなのに看板は伊勢丹だけが目立つようなものでした。
伊勢丹が三越の文化を潰そうとしているようにしか見えないのです。

わたくしのように、これらのことが理由で伊勢丹と一緒になってから三越に来なくなった元三越好きは多いのではないでしょうか。
三越伊勢丹ではほぼ常に販売員の募集をしています。
しかも大量に。
つい最近では、200人募集って書いてあったかな。
時給は1000円ぐらいです。
きっと応募すれば受かるでしょう。
伊勢丹はそういう人で成り立っていたかもしれませんが、それを三越に適用するのはいかがなものでしょう。
日本橋三越に行っても若くて馬鹿そうな女の子が目立つようになりました。
誰でもウェルカムな採用していれば、そりゃそうなりますよね。

なにが言いたいかと言いますと、この新ショッパーも三越の文化を壊すための一手だということです。
新ショッパー告知の看板には「NEW LOOK」と書いてありました。
この書き方も伊勢丹ぽいですよね。
数年後には三越の包装紙も変わるでしょう。
天女像が取り壊されるのも時間の問題だと思います。

伊勢丹による完全破壊が先か、三越による経営統合解消が先か。

こんな糞ショッパー、恥ずかしくて持てません。


それではまた!

Posted by ヒツジ
Category : 朝礼

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hitsujihyakka.com/tb.php/164-5bbe3977
google-site-verification: google4ec9ce459aaf71f7.html