ヒツジ百貨店 | 食パン的美しさ

Cellerini never died

こんにちは。
ヒツジです。

フィレンツェにある鞄・革小物の名店、チェッレリーニ。
わたくしのブログでも度々登場してきますが、初めてお店に行ったのは大学生の時。
そこから現在まで10年間お世話になっています。
革製品の街として知られるフィレンツェの中でも、突出して素晴らしい製品を作っていると思っております。
なんだか魂が入っているような。
革質とか、ステッチとかコバ塗りとか細かいことではありません。
神は細部に宿るという言葉がありますが、それらも含めてさらに細かいことに神経を使って作られた製品なのでしょう。
創業者のシルヴァーノさんは、「革だけでなく糸や接着剤、芯材に至るまで全てが大切」という精神を持っておりました。

そのシルヴァーノさんが先日亡くなりました。
最近は制作よりも指導に力を入れていたようです。
お店は娘のアレッサンドラさんと、旦那さんのアレッサンドロさんが仕切っておりました。
チェッレリーニを愛用しているわたくしにとってこのニュースはショッキングでしたが、憂うことはありません。
創業者が亡くなったからと言って、品質を落とすようなお二人ではないことを知っています。
今後もシルヴァーノさんの精神が宿った製品を作り続けてくれるでしょう。

Silvano Celleriniのご冥福をお祈り致します。

601.jpg

Posted by ヒツジ

6 Comments

Aya says...""
こんにちは。
先日、ひとつバッグをオーダーしました。アレッサンドロさんとメールで何度もやり取りしましたが、対応が早くイタリアじゃないみたいw
完成は9月の末か10月はじめごろになるそうです。楽しみです。
またご報告しますね^_^
2014.07.19 20:06 | URL | #- [edit]
ヒツジ says...""
Aya 様

こんにちは。
チェッレリーニにされたんですね!
嬉しいご報告ありがとうございます。
アレッサンドロさんはメールの返信が早く、対応も良いですよね。
2時間ある昼休憩の時もちゃんと仕事しているようです(笑)

やはりヴィクトリア型をオーダーしたのでしょうか。
自分の事のように完成が楽しみです!!
是非またご報告ください!

もし差し支えなければ、どうしてチェッレリーニを選ばれたのか教えていただけませんでしょうか?
2014.07.19 20:22 | URL | #- [edit]
Aya says...""
そうですね、ヒツジ様にこちらでご意見を伺ったことが大きいです。もともと8割注文するつもりでしたが、迷いがありましたから(先に書いたような理由で)。でも、もういいか、わからない人にはわからないんだし、今まで自分が日本で培った美意識で勝負してみて、いつかここで同じような世界を持っている人とめぐり合えればいいかって思えたんですね。大げさだけど、そんな感じですw
2014.07.19 20:41 | URL | #- [edit]
ヒツジ says...""
背中を押しちゃったわけですね(笑)
Aya様の決断は正しいと思います。
コメントをいただいて以来、エルメスとチェッレリーニについて考えておりましたが、同じ型のバッグでもオーラが違うんですよ。
どちらが良い悪いではなく。
作り手の精神の表れでしょうか。
きっとご納得できるバッグが届くことでしょう。
ブランドに惑わされることなく、ご自身の考えを信じる姿勢が素敵です。
是非、そのままでいてくださいね!
2014.07.20 01:49 | URL | #- [edit]
tlsize says...""
シルバーノさん、亡くなられましたか。お加減が悪いことは以前より聞いておりましたが。
もちろん直接存じ上げているわけではありません。チェレリーニ製品をよく購入したお店の店主のお話しです。
大分前から実質的には娘さんが店を切り盛りしていたそうなので大きな影響はないと思いますが、象徴的な存在でしたのでユーザーとしては少々ショックです。
腕の良い職人さんがなかなか見つからないとよくこぼしてた、と先ほどの店主から聞いたことがあります。

イタリアのメーカーは巨大ブランドは別として、チェレリーニクラスでも家内制手工業的なノリなので、作り手の顔が見えるところに好感が持てます。
一時、あちこちでチェレリーニのトートバッグが置かれ始め、いよいよ近代的工業製品化の道を歩み始めたかと思いましたが、そうでもないようですね。この辺はイタリア独特のエージェントの考え方とかもあるのでしょうか。

身の回りにあるバッグ、財布、革小物などのチェレリーニ製品。これからも大事に使っていきたいと思います。ご冥福をお祈りします。
2014.07.27 10:59 | URL | #- [edit]
ヒツジ says...""
tlsize 様


こんにちは。
コメントありがとうございます。
シルバーノさんが亡くなったことは、チェッレリーニのホームページで知りました。
アレッサンドラさんがこれからに向けてコメントを残しております。

創業者の死はどのメーカーにとっても悲しい出来事ですが、真面目に物作りをしているところはきっと永く続いていくでしょう。
チェッレリーニに関しましては職人不足も課題の一つですね。
いずれにせよ、わたくし達消費者に出来ることは商品を購入し、使い、広めることです。
オーダーが増えすぎて品質が落ちるようなことだけはないようにお願いしたいですね。

わたくしが言うのも変ですが、是非今お持ちの製品を大事に使ってあげてください。
久しぶりにアレッサンドロさんに連絡をしてみようと思いました。
2014.07.28 23:44 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hitsujihyakka.com/tb.php/226-0bb868b8
google-site-verification: google4ec9ce459aaf71f7.html