ヒツジ百貨店 | 食パン的美しさ

いつかは欲しいSeraphinのレザーウェア

こんにちは。
ヒツジです。

Seraphin(セラファン)というレザーウェアメーカーをご存知でしょうか。
わたくしがセラファンと出会ったのは10年程前です。
伊勢丹のセールに行った際に、確か本館の5階ぐらいにあったインポートコーナー?みたいなところで片面はスムースレザー、片面はリアルファーのショートマフラーを発見しました。
当時セラファンについては全く知らなかったのですが、革質も最高な上にファーも素晴らしかったので購入しました。
4万円が3万円弱になっていたような記憶があります。

セラファンは1975年にパリで創業した高級レザーウェアメーカーで、エルメスのファクトリーとしても有名です。
レザーのスペシャリスト集団などと紹介されております。
日本ではたまに百貨店の催事などでインポートレザーコーナーなどに紛れていたりします。
もちろん価格も高いのですが、革質は極上ですね。
わたくしはラムレザーのものしか見たことがないのですが、クロコを使ったブルゾンなんかも作っているようです。
ホームページを見る限り、ラインナップはメンズだけのようです。
レディースもやれば良いのにと思いますが、きっと何かしら事情があるのでしょう。

レザーのアウターは、これまた10年程前にフィレンツェで購入しました。
今は無くなってしまったようですが、カヴァリエリというショップでブラウンのシングルライダースを少し安くしてもらいました。
フィレンツェ中心部のレザーショップを廻ったのですが、ここのお店が一番店構えもよく、商品も上質であったように思います。
ラムレザーでシンプルなデザインに細身のラインのものでしたが、いざ買ってみても着る機会が少ないんです。
裏地がキュプラのラムレザーブルゾンなんて防寒のために着るものじゃないので、夏と冬しかない日本の気候ですと出番がないのです。
さらに、わたくしは基本的には革の鞄を使っておりますので、なんだかレザーの面積が広くなってしまいバランスもよろしくない。
しかもレザーなのでなんだかんだで気をつかうのです。

そのブルゾンはすでに手放してしまいましたが、それ以来レザーアウターを購入しておりません。

まだ30そこらのガキがレザーを纏うなんていうのは時期尚早なのでしょうか。
50才ぐらいになって太ってきたらムートンのハーフコートなら着ても許されるのかもしれない。
数十年後にチビデブハゲになったらセラファンのレザーを着て、ボルサリーノのグアナコをかぶって日本橋を散歩するのが夢です。

631.jpg
639.jpg
633.jpg
634.jpg
635.jpg
637.jpg
636.jpg
638.jpg


写真はホームページから拝借致しました。
http://www.seraphin-france.com

それではまた!!

Posted by ヒツジ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hitsujihyakka.com/tb.php/238-d8db8492
google-site-verification: google4ec9ce459aaf71f7.html