ヒツジ百貨店 | 食パン的美しさ

長財布のカタチ

こんにちは。
ヒツジです。

しばらく革小物ネタが続いておりますがお許しください。
近いうちにチェッレリーニで革小物をオーダーする予定なので、つい色々と考えてしまうのです。

さて、今日は長財布の形について考えたいと思います。
色々な形の財布が出ている中、二つ折りやコインケース付き長財布をお使いの方が多いのではないでしょうか。
わたくしはコインケース無しの長財布をしばらく使っております。
荷物をなるべく減らしたいので、コインケースと携帯だけで外出することもあります。
別の理由としましては、革小物って同色同素材で揃えたくなりませんか?
気に入った革小物で揃えることに喜びを感じるため、コインケース無しのものを選んでいるのも事実でございます。

現在使っている長財布は、デルボーのカジノというモデルです。
こちら。
658.jpg
657.jpg

わたくしは右利きですので、開いた時に左側にお札入れがあるタイプが使いやすいのです。
この財布は左側にレシート入れ(として使っております)も付いております。
これが結構便利。
現在はよく行くカフェの割引券が入っております。

右側はカードスロットとフリーポケット。
カードスロットは縦型のもあるのですが、わたくしはなんだかんだで横型が好きです。
カードを多く持たないので、7枚入れば十分なのです。
クレカ2枚、銀行カード2枚、免許証、保険証、よく行くお店のカードが入っております。
フリーポケットには美容院のカードや病院の診察券などが入っております。
しかし、困ったことが一つあります。
一番肝心な札入れなのですが、一万円札を入れると頭が5mmぐらい飛び出してしまいます。
一万円札の長辺は16cmなのに対し、この財布の長辺も16cmちょうどなのです。
縫い代があるため、ぴったり収まるとはいかないのです。
日本円を意識しているのかは不明ですが、現在は一万円札を半分に折って収納しております。
お金持ちではありませんので、札入れのマチは無くて良いです。

あと、意外とありがたいのが外側にあるDの刻印。
以前使っていたヴァレクストラの財布は外側にこういった印が全くないものでした。
ですので、上下と裏表が全くわからないのです。
開くと逆さまということがよくありました。
ですので、いつも正しい向きで開くことができるような工夫は嬉しいですね。
ブランドが分かるような主張の強いものは不要ですが。

各ポケットのライニングも全て革張りなのも、革小物好きとしては高評価です。

この財布をベースにしてオーダーをかける予定ですが、アレッサンドロさんの反応やいかに。
「C」だけの刻印なんてあるのでしょうか。


あとはフランス的な長財布ですと、お札が横に入るようになっている、二つ折り長財布なんていうのもあります。
モラビトのシグネチャーやアレクサンドル・マレイユにもこのような造りのものがあるので、勝手にフランス的だと思っております。

コインケース付き長財布ですと、エルメスのベアンのように内側にジップ付きコインケースがあるタイプが主流だと思います。
この形は使いやすいのでしょうか。
それとも慣れでしょうか。


いずれにせよ、入れる物や使いやすさを考えて財布を選びたいものです。
毎日使うものですので機能性は重要ですよね。
もちろん、ブランドや憧れで選ぶのも良いのかもしれませんが。
自分で考えて導きだしたものを使うことが、革小物のカタチかもしれません。


それではまた!!

Posted by ヒツジ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hitsujihyakka.com/tb.php/254-417a3f87
google-site-verification: google4ec9ce459aaf71f7.html