ヒツジ百貨店 | 食パン的美しさ

iPhone6はもはやiPhoneではないのか

こんにちは。
ヒツジです。

もはやわたくし達が生活する上で必需品と言っても過言ではない携帯電話。
ガラケーユーザーもいますが、ほとんどの方がスマホでしょう。
そんなスマホ会の王者といえばiPhone。
現在のスマホの基礎を作り、時代を牽引してきたのは間違いないでしょう。

しかし、ここに来て時代が変わろうとしているような気がします。
最近発売された、iPhone6とiPhone6プラス。
画面が大きくて指が届かなかったり尻ポケットに入れると曲がるなんていう話もありますが、そういうことではなくiPhoneが培ってきた精神がユーザーに届いていないのではないかと思うのです。
iPhoneの精神は、「暮らしをより豊かにする、片手で操作できるハイスペックスマホ」だと個人的には思っております。
ところが、スティーブ・ジョブズが亡くなってから画面が大きくなりだしました。
4インチならまだ我慢できます。
ギリギリのサイズでしょう。
しかし、今回のはもはや片手で操作できないし、デザインや基本的な使い方が今までのiPhoneを踏襲しているのにサイズだけ大きくなったせいで操作中のバランスもよろしくありません。


そして、何よりくだらないのがiPhone6自慢をする輩がたくさん出てきたこと。
今まではiPhoneは特別な物ではなく、もちろん自慢するような代物ではなかったように思います。
しかし、メディアの煽りもあってかいち早くiPhone6を手に入れて「ボクiPhone6買いました!」と声を高らかに上げる人がかなり目立っております。

ここに来て、iPhoneは流行でしかなくなってしまったのでしょうか。
端末の価値以上に、手に入れることや発売日まで何日間も並ぶことに意味があるようになってしまったのでしょうか。

携帯は毎日使うものである以上、使いやすさや性能を求めて選ぶのが普通なのではないでしょうか。
なんだか世間が騒いでるから、誰よりも早く持ちたいからという考えであんなに高い買い物をするのは賢いとは到底思えないのです。

とはいえ、使ってみないとわからないのが携帯。
流行に踊らされて購入した結果、その人にとって愛着のある一台になってくれれば良いなと思うのです。


当初はiPhone6に機種変更する予定でしたが、上記のようなことが起こっているのでやめました。
iPhone7は、AppleらしいiPhoneというか、iPhoneらしいiPhoneを出してくれることを切望します。


それではまた!!

Posted by ヒツジ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hitsujihyakka.com/tb.php/281-9fc988c7
google-site-verification: google4ec9ce459aaf71f7.html