ヒツジ百貨店 | 食パン的美しさ

秋冬のスーツを作るのだ

こんにちは。
ヒツジです。

10月に入り、ビジネスウェアも衣替えをした方も多いと思います。
そろそろ背抜き丸出しのジャケットはクリーニングに出して、起毛感のあるものを着る季節です。
わたくしは基本的にジャケスラで出勤します。
気持ち的にかしこまりたい時はスーツを着ます。
わたくしはそれなりに背がありますので、既成のスーツだとなかなかはまりません。
丈で合わせると必ず身幅が太くなります。
ですので、社会人になってから全てオーダーしております。
衣類のオーダーというと割高なイメージを持っている方は少なくありませんが、それは昔の話です。
今や既製品と同じぐらいの価格で買えますし、生地や作り、サイズなどを考えたらむしろ割安なのではないかと思うのです。

今までは百貨店に行ってオーダーしておりましたが、今回は工場に伺ってオーダーします。
なぜなら、ブランドを通してしまうとかなり高くなってしまうからです。
例えば、百貨店でB社のスーツをオーダーするとします。
そのブランド独自のパターンはあるものの、結局作るのは日本の工場だったりします。
そうすると軽く10万を越えてしまいますが、ブランドのパターンでなくても良いのであれば工場から直で作った方が断然安く済むのです。
だいたい半額以下ですね。
しかもそこが日本でトップクラスの縫製工場で、ロロピアーナやゼニアの生地までも扱っていたら文句はないでしょう。

1年ほど前までは帝京ソーイングという工場がありましたが、残念ながら親会社の倒産により潰れてしまいました。
もはやライセンスとは呼べないクオリティのルビナッチのスーツを作っている最高に信頼できる工場だったのですが・・・。
今回行くところは別のところなので、また改めてご紹介します。

今月中に男3人で行く予定です。
売る側の人と作る側の人の違いを感じられたら良いなと思います。
さらに、工場見学もさせてもらえることになりました。
こちらも写真撮影が可能でしたらアップしたいと思います。


ジャケスラというと、男の制服と言っても過言ではないのがネイビーのジャケットにグレーのスラックスです。
わたくしもこれを基本としておりますが、今回はどうしようかなと。
生地次第ではありますが、少し変化球的なものを作っても良いし、でもなんだかんだでネイビーとグレーなのかなとも思います。

パンツはインコテックスの36型をほぼそのままコピーしたいです。
ジャケットはルビナッチベースですかね。
悩み中です。
でも悩んでる時間が一番楽しいのです。

これからスーツやジャケスラの購入を考えている方、工場直買いも良いですよ!

727.jpg



それではまた!!

Posted by ヒツジ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hitsujihyakka.com/tb.php/287-76720ca5
google-site-verification: google4ec9ce459aaf71f7.html