ヒツジ百貨店 | 食パン的美しさ

肌に触れるものの大切さを伝えてくれるPerofilの秋冬パジャマ

こんにちは。
ヒツジです。
本館2階紳士肌着よりペロフィルのパジャマのご紹介です。


まず、ここ2日ほど更新が出来なかったことについてお詫び申し上げます。
連休明けの反動なのでしょうか、体が疲れやすくなっている感じがします。
もちろん寝ていただけではなく、休日はなるべく街に出るようにしております。
こちらで書きたい事もかなり溜まってきておりまして、現在消化不良の状態ですが少しずつアップしていきたいと思っております。


さて今日ご紹介致しますのは、イタリア最高峰とも言える肌着メーカー、Perofil(ペロフィル)の新作パジャマです。
これから冬本番に向けて秋冬のパジャマに衣替えをする、すでにした方もいらっしゃるのではないでしょうか。
わたくしも現在秋冬パジャマを着ておりますが、温もりがあって良いですね。
柔らかくて温かいものに包まれることができるこれからの季節、肌に直接触れるものだからこそ素材にこだわってみてはいかがでしょうか。

それではご紹介していきます。

・リバーシブル&クルーネック コットン40%、ポリエステル60%
771.jpg
772.jpg

・柔らかくてさらっとした素材感 コットン100%
773.jpg

・上はストライプで下は無地 襟とポケットの淵も無地になっているのがイタリアンチック コットン100%
774.jpg

・ネイビーに赤のラインが特徴的な一着 わたくしも欲しいです コットン100%
775.jpg

・冬将軍との戦いに備えて。ミドル丈ガウン コットン58%、アクリル38%、ビスコース2%、ポリエステル2%
776.jpg


以上が新作でラインナップされたものになります。
個人的に買うなら赤のラインが入ったものなんて良いなあと思います。
ペロフィルのパジャマは日本だと銀座和光などで3万円ほどで売られたりしておりますが、公式サイトからのオンラインショッピングですと1万円ちょっとぐらいで購入できます。
サイズが豊富なのもありがたい。
イタリアサイズ46〜56ぐらいまであったりします。
イタリアメーカーでここまでサイズ展開してくれるところって多くないですよ。
小さい人も大きい人も着られるというのは嬉しいですね。
また、注意点としましては洗濯すると縮む恐れがあります。
イタリアは写真のようにピタピタで着る文化なのかはわかりませんが、日本人のパジャマスタイルはゆったり目の人が多いのではないでしょうか。
ゆったり着るのでしたら、通常サイズから1サイズ、もしくは2サイズ上のものを購入しても良いかもしれません。
わたくしが今年購入した夏物パジャマはすっかり縮んでしまいピタピタになってしまいました。
もちろん着られないほど小さくなったわけではないのですが・・・。
冬物の生地はいかに。

スーツやカジュアルも良いのですが、1日の3分の1は寝ている、つまりパジャマを着ているわけです。
良いパジャマがあれば寝る時間はもう少し豊かになります。
わたくしはペロフィルをオススメしましたが、これがナイトウェアを見直すきっかけになってくれれば良いなと思います。
おやすみなさいませ。


それでは。

Posted by ヒツジ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hitsujihyakka.com/tb.php/311-6cfdc0e2
google-site-verification: google4ec9ce459aaf71f7.html