ヒツジ百貨店 | 食パン的美しさ

ヒツジ散歩 丸の内後編 カフェサルバドルとタケナカシャツ

こんにちは。
ヒツジです。
市価調をしてきましたのでご報告します。

さて、丸の内後編です。
鶏火庵を出てカフェに入ることになりました。
丸の内のカフェといえば、席数が多くてリーズナブルで入りやすいのはサルバドル。
東京駅側に向かうとガーブというさらにこじゃれたカフェもありますが、わたくしはサルバドル派ですね。
そこでサルバドル前へ到着すると、なんとLAST DAYと書かれた看板が!
店の前では写真を撮る人達。
そうです、この日はサルバドルの閉店日だったのです。
そんなに頻繁に利用していたわけではないけれど、丸の内に来る度にお世話になっていたカフェです。
最後に敬意を表して入店させていただきました。
エスプレッソ&チョコラータを注文して、しばらくゆっくりしました。
店内にはお店の人らしい男性達が関係者らしいお客さんに挨拶をしておりました。
あんなブランドストリートの一等地に、あれだけの面積を持っているのです。
お金を持っているブランドからしたらさぞ欲しい立地でしょう。
跡地がどうなるのかはわかりませんが、いつかどこかでサルバドルを再開していただきたいですね。
それまではしばしのお別れです。
ありがとう、サルバドル。

784.jpg


カフェを出てから向かったのはパレスホテルです。
パレスホテルは皇居のすぐ隣にあるホテルですね。
この日一緒にいた友人は、最近オーダーシャツに興味を持ちました。
作るかは別として、店を覗いてみたいとのこと。
調べたところ、パレスホテルの地下にタケナカシャツという政治家御用達のオーダーシャツ店があったのでそこに行くことにしたのです。

785.jpg


どんなに格式高くて入りにくいお店なのだろうと思って地下に行くと、こじんまりしたお店の真ん中にある椅子で新聞を読んでいる一人のおじいさんがいらっしゃいました。
イメージとは違いますが意を決して入店すると、その人はいきなり昔話を始めました(笑)
シャツの話は全くありません。
しばらく昔話をしてくれたその方こそ、武中さん。
最初は面食らいましたが、話の面白いおじいさんでだんだん楽しくなってきました。
30分近く話したでしょうか。
自然な流れでシャツの話になり、「まずは一枚作ってみてよ」と。
友人はその営業力と貴重な話に敬意を表し、作ることにしました。
店内にはカルロリーバの生地が目立ちましたね。
エルメスの既製で40万近くするシルク生地もありました。
それは9万円でオーダーできるそうです。
カルロリーバはさすがに高いので、1枚目ということもあり2万円ぐらいの生地を選んでおりました。
120双ぐらいだったかな?
武中さん曰く、「百貨店のオーダーだと9箇所しか測らないけど、うちは19箇所測る」と。
以前は高島屋や西武でもやられていたそうです。
お客さんの9割以上は予約だそうで、フリー客、しかも若い人は珍しいそうです。
武中さんお気に入りのパレスホテル内にあるオーセンティックなバーに誘われましたが、時間の関係もありお断り致しました。
次回行く時には是非ご一緒したいです。
マティーニは飲めませんが。

武中さんの接客はオススメ型です。
とくに襟型に関しては、体型がこうだからこれが良いという風な感じですね。
まあプロに任せておけば間違いはないでしょう。

友人がオーダーしている間、わたくしは店内にあるネクタイが気になってしょうがありませんでした。
そして、気づいたら購入しておりました。
こちらです。

786.jpg
787.jpg

Fermo Fossati(フェルモ・フォッサーティ)というイタリアのネクタイですね。
1871年創業で、カルロリーバの生地もこの会社が作っているそうです。
無地のボルドーですが、少しブラウンが入っているような深みのある上品な色合いです。
グレナディン織りで、かなり厚みがありますね。
エルメスもここの生地を使っているとか。
価格は前までは25000円だったのですが、現在なんと15000円!
しかもお店が今年90周年のため、さらに10%オフになります。
つまり、税込14000円ちょっとでこんなに良いネクタイが買えるわけです。
全20色ぐらいあったと思いますので、気になる方は行ってみてください。
きっとおしゃべりだけでは帰りたくなくなるでしょう。
生地の在庫も持ちすぎているようですので、シャツを作ってあげるとオーセンティックなバーに誘ってくれると思います(笑)


ヒツジ散歩丸の内編は以上になります。
市価調に行き次第、またご報告します。


それでは。

Posted by ヒツジ
Category : 市価調

2 Comments

tlsize says...""
丸の内から銀座のコースはいいですね。
自分は銀座に用があるときは、行きか帰りのどちらかは丸の内を経由します。

仲通りを開発してから、もう大分経った気がしますが、
当時はこんなとこにブランドばかり出して、こけないだろうかと思いましたが、
地所のマーケティング力は大したもんですね。街が創られました。

それに比べると、不動産の領地たる日本橋は、少し華やかさに欠けるかもしれません。
まあでも、あのがっつりしないところが三井なんでしょうね。
両財閥のキャラクターが丸の内と日本橋に表れてて面白いです。

タケナカシャツのネクタイ、よい買い物されましたね。
ああいう、昔からやっているところは、独自のルートがあるのか昔仕入れたものなのか
けっこうな確率でお宝があるのではないでしょうか。

カルロリーバはずっと気になってます。
一度は袖を通してみたいものですが、シャツといういわば消耗品だけに、
修行が足りないせいか、なかなか勇気がでません。


いつもとりとめのない文章ですいません。
blogの更新はご自身のペースでおやりになってよいのですよ。
待つ楽しみもありますから。



2014.11.02 08:40 | URL | #- [edit]
ヒツジ says...""
tlsize 様


いつもありがとうございます。
銀座と丸の内は近いのに雰囲気が違って良いですよね。
わたくしも銀座に行く時は丸の内から歩いていくことが多いです。

仲通りにはブランドが集結していますが、買い物目当てというよりもお散歩コースにしている人が多い気がします。
それでも何年も続いているお店もあるので、それなりに売上は取れているのでしょう。
レディースですが、ドゥロワーがいつも気になります。

日本橋はCOREDOのおかげで集客は増えましたね。
人が増えても品の良い人達が集まっているので不思議とうるさい感じはしないですね。

おっしゃる通り、タケナカさんにはお宝が眠ってそうです。
お伺いした時に伊勢丹の発注に便乗したストールも見せていただいたのですが、残念ながらわたくしの好みではありませんでした。
ちなみに、チーフには全く力を入れていないようでした(笑)

カルロリーバは、そもそもあれを扱えるクリーニング屋さんを確保するところからですね。
あそこまで行くと良いのか悪いのか判別不能になってきます。
良すぎて悪いみたいな。

優しいお言葉、ありがとうございます。
そう言っていただけると嬉しいです。
2014.11.03 00:35 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hitsujihyakka.com/tb.php/314-85fcbb17
google-site-verification: google4ec9ce459aaf71f7.html