ヒツジ百貨店 | 食パン的美しさ

上質でシンプルなカシミヤのコートはColomboで

こんにちは。
ヒツジです。
本館2階紳士衣料よりコートのご紹介です。

都内もすっかり寒くなり、トレンチとはさよならして冬用コートが必要になりました。
コートって数年に一度買い換えたくなりませんか?
わたくしの周りにはそういう方が何人かおります。
しかし、スーツと違ってオーダーを承っているところは少ないため、自分の体に合って、なおかつ作りや素材が良くて価格がそれに見合って、なおかつデザインも好みとなると見つけるのは非常に難しいでしょう。

その人のキャラによってはカッチリしてるのが好きだったり、少し遊びが入っているのが好きだったり。
30歳を超えてくると大学生御用達みたいなセレクトショップに置いてある商品では満足できなくなったりします。
かと言って、ストラスブルゴとかに行っても流行ブランドが置いてあるだけで、しかもかなり良いお値段がします。
コートって着る期間が短い上にジャケットやニットの上から着るため他のアイテムに比べて傷みにくいので、それならば長く着れる上質なものを選ぶべきだと思います。
価格が少し高くなってしまっても、素材がめちゃくちゃ良くて流行に関係なくてサイズが合っているのならば、奮発してでも買う価値はあると思うのです。

前置きが少し長くなりましたが、今日わたくしがご紹介したいのはColombo(コロンボ)のコートです。
コロンボは世界最高峰の生地産地としても知られる、イタリア・ビエラ地区を代表する高級生地メーカーです。
特にカシミヤですね。
コロンボは生地の卸しももちろん行っておりますが、自社ブランドで既製品を作ったりもしております。
もちろん世界最高級のカシミヤを使っているので価格だけ見たら安くはないのですが、それでもロロピアーナに比べたら良心的な値付けだと思いますし、働いている方であれば到底買えないような値段というわけでもないと思います。(金銭感覚は別として)

コロンボも今年の秋冬からサイトをリニューアルし、非常に見やすく、商品数も多くなりました。
以前はイタリア国内のみの配送でしかもストール系だけだったのですが、新しくなってからは日本へも送ってくれる上にメンズ・レディース共にコートやニットも掲載されております。
デザインはシンプルなものが多く、コートに関してはイタリアらしく柔らかい雰囲気ですね。

中でもビジネス・カジュアル兼用で使えるこちらなんていかがでしょう。

828.jpg
829.jpg

シンプルなチェスターフィールドかと思いきや、脇をアウトポケットにすることによりカジュアル寄りにしております。
開きが大き過ぎないところも上品な感じがしますね。
素材はもちろん、コロンボが誇るカシミヤ100%です。
サイズは46~60ぐらいまで作っているようで、同じ型のグレーはほとんどのサイズが売り切れておりました。
ネイビーもかなりサイズ欠けしております。
個人的にはブラウンが好きですね。
ネイビーのスーツ、グレーのスラックス、デニムにも相性が良いでしょう。
実物を見たら光沢があり過ぎてデニムには厳しいかもしれませんが、靴なり鞄なりでバランスを取ればOKかなと。
着丈はおそらく膝上ぐらいでしょう。
写真の感じでは袖は少し長めっぽいですね。

気になるお値段は1880ユーロ。
現地でタックスフリーで購入すると今の円安レートでも20万ぐらいで買えるわけですか・・・。
日本への発送になりますとなぜかレートが高騰し、30万弱ぐらいしてしまいます。
もし1月頃にセールにかかるのであれば是非注文したいところです。
定番ぽいからセールにはならないかな・・・。

物欲は尽きませんね。


それでは。

Posted by ヒツジ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hitsujihyakka.com/tb.php/334-53491f04
google-site-verification: google4ec9ce459aaf71f7.html