ヒツジ百貨店 | 食パン的美しさ

Believe in Linen LIBECO

こんにちは。
ヒツジです。
本館5階 リビングからのお知らせです。


毎日お暑いですね。
熱中症などにならないようにご自愛くださいませ。
ちょっと外に出ると汗びっしょりになるこの季節の必需品、それはハンカチとタオルです。
ポケットにはハンカチを忍ばせ、バッグにはタオルを忍ばせる。
使う機会がないとしても、これは紳士の身嗜みの一つだと思うのです。
ハンカチやタオルといいますとコットン素材をお使いの方が多いと思いますが、夏らしくリネンなんていかがでしょうか。

本日、わたくしがご紹介したいのはLIBECO(リベコ)というメーカーです。
1858年創業、ベルギー王室御用達のリネン、タオルメーカーです。
ここの企業理念は「Believe in Linen」です。
理念とリネンをかけたような感じになってしまいましたが、決してそのような意図はございません。
国内では六本木にショップがあります。
オンラインでも購入が出来ますので、試しにポチってみました。
こちらです。

992.jpg
993.jpg


1枚目はリネン100%のハンカチです。
以前に購入しました英国王室御用達であるトーマス・ファーガソンのリネンハンカチと比べますと結構ガサガサしております。
トーマス・ファーガソンについての記事はこちらをご参照ください。
トーマス・ファーガソンのハンカチが届きました
明らかに目が荒いです。
そしてハリがあります。
何度も使って洗っていくうちにどんどん柔らかくなっていくのがリネンの特徴です。
きっと半年後ぐらいには大分柔らかく、しなやかになってくることでしょう。
また、リネンのハンカチはこの柄しかなかったと思うのですが、シンプルでありながらワンポイントになるようなチェックが個人的には好きですね。
デニムのバックポケットからチラ見えさせると良い感じになると思います。
もちろん、チノパンやウールスラックスとも相性は良いでしょう。
リベコのアイテムはベルギー製だけでなく、リトアニア製や日本製などがございます。
わたくしはベルギー製以外は興味がないのですが、調べてみるとリトアニアは東欧を代表するリネンの産地なんですね。
日本製のアイテムに関しましては、恐らくライセンスだと思います。
こちらのハンカチはもちろんベルギー製でございます。

2枚目はハンドタオル、フェイスタオルです。
素材はコットン70%、リネン30%。
コットンとリネンの配合が逆のものもございますが、恐らくコットンの配合が多い方が柔らかいだろうと思い、こちらの配合を購入しました。
リネンが30%も入っていると、通常使っているコットン100%のタオルの感覚とは大分違います。
まだ一度しか洗っていないのでリネンの硬さが残っておりますが、こちらも何度か洗っていくうちに柔らかくもさらっとした生地感になってくれそうです。
同じ生地でバスタオルも出ておりますので、ゆくゆくは身の回りにあるタオルは全てこちらで揃えたいと思います。
こちらもベルギー製です。

余談ですが、1年半ほど前にフランスで購入しましたガルニエ・ティエボーのタオルは未だにコットンの硬さが消えません。
きっと消えることはないのでしょう。
それだけしっかりと織られているということでしょうか。
適度に色が褪せてきたものの、全くヘタレる気配がありません。


あとは、ベッドシーツやブランケットといったアイテムがリベコのようなリネンメーカーの真骨頂なのだと思います。
価格は決して安くはありませんが、これだけの歴史と品質を持ったアイテムの値段として考えたら買う価値はあると思います。


今年、べたつく夏の肌触りを1ランク上質なものにしたい方には是非オススメです。
気になる方はこちらをご覧ください。

LIBECO


それでは。

Posted by ヒツジ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hitsujihyakka.com/tb.php/398-ae5e65c9
google-site-verification: google4ec9ce459aaf71f7.html