ヒツジ百貨店 | 食パン的美しさ

戯れのマダム達

こんにちは。
ヒツジです。
朝礼を始めます。


本日2件目のカフェに来ました。
わたくしが入店する直前に6人パーティのマダムグループが入りました。
荷物を置いてカウンターに向かうと、そのうちのマダム2人がなにやらやり取りをしております。
これはアレか。
マダム特有の、どちらが支払いをするかで5分ぐらい「わたしが払う」の言い合いをするアレです。
結局片方が根負けし、勝った方が支払いをするというなんだかよくわからない勝負です。
その間、わたくしはマダム達のやり取りをするのを待っていなければならなかったのですが、店員さんが気をきかせてくれてわたくしの注文を取ってくれました。

ふと店内を見渡すと、なんだか今日はマダムグループが多い。
2人マダムズに3人マダムズ、そして6人マダムズ・・・。
きっと2人マダムズも3人マダムズもお会計の際にこのやり取りをしたのかと思うと、嬉しいような悲しいような、有難いような有難くないような複雑な気持ちになりました。
お金を支払った方は豊かな気持ちになれるのでしょうか。
お金を支払わなかった方も豊かな気持ちになれるのでしょうか。
もし、支払わなかった方が申し訳ない気持ちになるのであればこのやり取りは止めた方が良いと思うのです。
いかにして日常の一瞬を豊かにするかは、自分一人の問題だけではなさそうです。


それでは。

Posted by ヒツジ
Category : 朝礼

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hitsujihyakka.com/tb.php/410-fe54c676
google-site-verification: google4ec9ce459aaf71f7.html