ヒツジ百貨店 | 食パン的美しさ

市価調 丸の内

こんにちは。
ヒツジです。
市価調からのお知らせです。


先日、丸の内に行って参りました。
東京駅から銀座へ向かって仲通りを歩いたのですが、その時のお話をしたいと思います。

まず、新丸ビルにアローズがあります。
クロケットの靴に興味を持った昨今、試着はしませんでしたが実際に手にとってきました。
ボストンのダークブラウンカントリーカーフが気になったのですが、そもそもボストンのラインナップの中ではどのレザー、どのカラーが一番ボストンなのでしょうか。
他のブランドの定番ラインナップであまり見た記憶がないせいか、わたしはこれが気になっております。

1016.jpg

この後行くお店で試着をする予定だったのですが、結果的にここにしか置いてなかったので試着できませんでした。



仲通りでは先月?オープンした伊勢丹サローネに初めて入りました。
印象としては、商品は良いものがあったかもしれませんが、なんだか木目調の什器が安っぽく感じられてしまいました。
なんだか仮説の催事会場のような・・・。
せっかくあの場所で、ある程度力を入れてお店を開いたと思うのですが、予算の関係でしょうか。
百貨店の売場作りと路面店の売場作りの差かもしれません。
人はたくさんおりましたね!!


それから近くにあるソブリンハウス。
こちらにはクロケットの定番モデルが置いてある印象だったのですが、そんなことありませんでした。
また、いつか見たジョンロブのバロスがあれば試着したかったのですが、あるはずもなく・・・。
ジョンロブを代表するUチップであったバロスですが、数年前に日本限定で復刻したっきりです。
ジャパンに問い合わせをしたところ、オーダーでも作ることが出来ないと。
そうなってくると、余計手に入れたくなってくるのが人情というもの。
調べているうちに、元々ジョンロブのバロスはクロケットが作っていたことを知りました。
そしてバロスを元にクロケットで作ったのがモールトン。
モールトンもまた本国では廃盤になっておりますが、日本では展開しております。
そしてありがたいことに、クロケット本国ではモールトンのオーダーも受け付けております。
自分仕様で細かくオーダーできそうなので、ポンドの動きによっては注文するかもしれません。
タンバーニッシュドカーフのダブルソールなんて良いかもしれません。


その後は銀座和光で時計を見て、その辺で飲んで帰宅しました。
人の観察に意識が向かなかったのが反省点です。


それでは。

Posted by ヒツジ
Category : 市価調

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hitsujihyakka.com/tb.php/433-fb67a9bb
google-site-verification: google4ec9ce459aaf71f7.html