ヒツジ百貨店 | 食パン的美しさ

週報 第4週

こんにちは。
ヒツジです。
週報です。


お早いもので、もう1月が終わろうとしております。
つまり、始まったばかりの今年の12分の1が終わってしまうのです。
なんという早さでしょうか。
今週も相変わらず慣れない仕事に四苦八苦しており余裕のない日々を送っておりましたが、それでも新しいメーカーを発掘して注文まで辿り着きました。
先週の振り返りも含め、今週の週報を提出致します。

<紳士靴>
1、クロケット&ジョーンズ オーダー完了
先週は価格について問合せをしていた段階でしたが、やはり予想通り一足10万円ぐらいになります。
春にジョンロブのバイリクエストが控えていることもあり、今回は一足だけにしました。
完成まで6~8週間と、かなり早く仕上げてくれるようですので到着が楽しみです。
今回オーダーしたのはUチップだけです。
最後の最後まで、ダブルレザーソールにするか、ダブルソールのダイナイトにするか迷いました。
春頃に届くはずですので、また改めてご紹介したいと思います。


<紳士鞄・革小物>
2、Maison Fey 発掘からオーダーまで
「良い物」でくくってしまうのはあまりお粗末、「高級品」でくくってしまうにはあまりに傲慢。
メゾンフェは1910年にパリで創業した革製品のお店なのですが、いわゆる革小物のお店ではありません。
おそらく、現地では知る人ぞ知る名店?みたいな感じなのかもしれませんが、日本には情報がほとんどありませんでした。
幸い、ホームページがあり、英語版もあります。
ここは革を使って小物を作るというよりも、革を貼る事を得意としているお店のようです。
例えば、家具。タンスの引き出しや、デスク、椅子などに革貼りをするようです。
日本のサイトでは、古いバイオリンケースの革貼りを依頼されたケースも紹介されておりました。
今のご時世、こんなお店は少ないのではないでしょうか。
その証拠に、この会社はEPV(フランスの無形文化財企業)になっております。
どんな革を使って、どんな仕事をするのだろう。
わたくしは非常に興味を持ち、メールを送ってみました。
日常でも使えそうなアイテムとして、マウスパッドとペンホルダーがありましたので、これをオーダーする流れで話を進めます。
Fabienneさんのレスポンスが非常によく、聞きたいことに的確に答えてくれます。
一番問題の革選びですが、厚い(3~4mm)のか薄い(1~1.5mm)のか、硬いのか柔らかいのかという風に聞かれましたので、厚くて硬いのが好きと返答しました。
色の希望はノワゼット一択です。
くるみ色ですね。
そんな話をしていたところ、革の写真を送っていただけました。
こちらです。
1018.jpg


キメ細かくてとても綺麗な革だと思いませんか?
色のイメージもぴったりです。
マウスパッドは円形で、縁に白ステッチ。
ペンホルダーは筒形で、真ん中あたりに水平の白ステッチ。
この上なく素敵なアイテムになりそうな予感がします。
商品の価格は良心的ですが、送料が結構かかってしまいました。


こういった文化、こういった生活を大事にしている人がフランスにどれほどいるのでしょうか。
木と革の組み合わせ、素敵ですね。
是非、自分の生活にも取り入れたいと思いました。
1019.jpg
1020.jpg


こちらも届き次第、改めてご報告します。


<紳士衣料>
3、続・ニット修理
去年、10枚近くの穴開きニットを修理に出しましたが、ここにきて追加が出てきました。
3枚のニットを修理に出すことになりましたが、良い物を長く使うためには致し方のないランニングコストです。
修理に出すのは、ニットキュアさんです。
レスポンスもよく、丁寧な仕事をしてくれるように思います。
とはいえ、ニットなのでどうしても修理跡は出てしまいますが。
それもまた味かな、とか思います。


<食品>
4、いきなりステーキ 初体験
少し前から話題の、立ち食いステーキ屋さんです。
実はうちの近所にも最近出来ました。
一人で入る勇気がなかったので、友人を連れて行ってきました。

まず、店に入るとカウンターに案内されます。
肉以外の注文はこの時にします。
それから肉カウンターに行き、肉の種類とサイズ、焼き加減を伝えます。
わたくしは脂っこいものは遠慮したかったので、ヒレ200g、ミディアムレアにしました。
しばらくすると、店員さんが肉を席まで持ってきてくれるというシステムです。
立ち食いということもあり、混んでる時は少し落ち着かないかもしれませんが空いている時なら問題はありません。
荷物を置くスペースがあまりないので、買い物後は注意です。
味はといいますと、「全然悪くない」という表現が一番しっくりきます。
コスパは良いかもしれません。
2000円ぐらいでステーキ食べた感じになれますし、肉もほどよく柔らかくも、肉感があります。
サクっと肉を食べたい時に、ちょうど良いですね。

実はこの日の翌日、一人で近所のいきなりステーキに入ってしまいました。
ランチメニュー目当てだったのですが、平日のみなんですね。
こちらのお店はなぜか椅子が置いてありました(笑)
しかもメニューも店によって若干違うようなのです。
今度はトップリブステーキをいただきましたが、わたくしはヒレのソリッドな感じの方が好みでした。

次回はランチに行って、ワイルドハンバーグを食したいです。


<先週の振り返り>
・アレクサンドルマレイユ オーダー保留→レスポンスが悪いため、今回はオーダーキャンセルの方で考えております。
・SVEVO メールオーダー可能か問合せ→個人客からのオーダーは受けていないと、素早い返信がありました。


以上。


それでは。

Posted by ヒツジ
Category : 週報

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hitsujihyakka.com/tb.php/436-e1b1774d
google-site-verification: google4ec9ce459aaf71f7.html