ヒツジ百貨店 | 食パン的美しさ

流行りに触れること

こんにちは。
ヒツジです。
朝礼を始めます。


昨日の週報で、いきなりステーキに行ったというご報告をしましたが、実はこれはタイトルにもある「流行りに触れること」の一環なのです。
正直、わたくしは今まで自分の好きなものだけに触れ、追求してきました。
それはそれで良いのかもしれませんが、それとは別に世間の流れというものがあります。
わたくしの流れと世間の流れは合流しないことが多いのですが、あえて世間の流れにも触れてみようと思ったのです。


理由は2つあります。
まず1つ目は、暮らしを楽しむための選択肢を広げること。
流行だからという理由でそれを敬遠するのは、流行だからという理由でそれに飛びつくのとそう変わらないのではないかと思うのです。
結局どちらも、自分の意志が薄いという意味で。
そんな風に食わず嫌いでいるのも、なんだかもったいないと思うようになりました。
流行の移り変わりってとても早いですよね。
特に、ファッションやグルメは新しいものが次々に出てきます。
ファッションはお金がかかるので見るだけの時もあるかもしれませんが、敬遠する前にまずは見てみても良いと思うのです。
見てから判断すれば良い。
グルメでは基本的に高級なお店が流行ることは稀でしょう。
少し並ぶかもしれませんが、そこそこの金額で話題のお店に行けたりします。
安くて手軽な店が台頭している昨今ですが、一回ぐらい行ってみても良いのではないでしょうか。
そうして自分の行動の選択肢を増やしていくことで、新しい発見があるかもしれません。


2つ目の理由としましては、上記の行動をすることにより、自分の核となる部分の見直しに繋がると思ったからです。
自分の好きなものと、好きでもなんでもないけど流行しているものを比べた時に、自分の好きなものの価値を再確認できるかもしれませんし、もしかしたら流行の価値を発見できるかもしれません。
つまり、流行というのは何かしらの比較対象になってくれると思うのです。
時代が変わって本当に価値のあるものが出てくるのか。
それとも、時代が変わっても変わらない価値のものが自分の中に残るのか。
保守的になり過ぎることのないようにいたいのです。


そのためには流行をキャッチすることから始めなければなりませんが、これはそう難しいことではないと思います。
テレビやネットは流行の話題で溢れていますし、外に目を向けていればきっと自然と入ってくるでしょう。
いきなりステーキの次はどこに行こう。
ふくろうカフェとかどうなんでしょうか?(笑)

そんなことを考えるのもまた一興です。


それでは。

Posted by ヒツジ
Category : 朝礼

2 Comments

そろそろ says...""
ヒツジさん、こんばんは。
Twitterの方ではお世話になっております。
服好きとしては、この「流行」好むと好まざるに、かかわらず絶えず影響を考えてしまうものですね。
積極的に、取り入れるも避けるも同じことというお考え同感です。
「今昔問わず良いもの」を探すためにも流行に触れることは試金石にもなると思います。
2016.01.31 23:32 | URL | #- [edit]
ヒツジ says..."Re: タイトルなし"
そろそろ様

こんばんは。
コメントありがとうございます。
ファッションの分野は特に流行の影響は大きいですもんね。
なにはともあれ、楽しんだ者勝ちですよ。
2016.02.01 22:09 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hitsujihyakka.com/tb.php/437-6fa87720
google-site-verification: google4ec9ce459aaf71f7.html