ヒツジ百貨店 | 食パン的美しさ

週報 第6週

こんにちは。
ヒツジです。
週報です。


今週は仕事がなんだか忙しくて、毎日2時間の残業をしてしまいました。
わたくしの会社は月20時間以上の残業になる場合はあらかじめ申請書を提出しなければならないのですが、月半ばにして早くも15時間を過ぎております。
来週は早く退社して、読書の時間を作れたら良いな・・・。
それでは先週の振り返りも含め、今週の週報を提出致します。

<鞄・革小物>
1,Maison Fey受け取り
先週の週報でもお伝えしました通り、メゾンフェでオーダーしたアイテムが到着しました!!
まずは写真をご覧ください。
1031.jpg
1032.jpg

マウスパッドとペン立てです。
マウスパッドは直径30cmです。
デスクに置くには十分なサイズです。もう少し小さくても良かったかもしれません。
血筋がところどころに見られ、なんだか温もりが感じられます。

ペン立てはウェブサイトにある形でオーダーをし直したつもりが、わたくしがリクエストした形で作ってくださいました。
少し大きめで、整理が苦手なわたくしはこれぐらいの容量があるとありがたいです。

時計は愛用しているエルメスのものですが、革の色、ステッチはこの時計のベルトに合わせて作りました。
ノワゼットのレザーに白のステッチがこの上なく上品だとわたくしは思っております。

ところで、メゾンフェは革小物屋さんではなく、革張り屋さんです。
その技術がマウスパッドとペン立てにも使われております。
例えば、2枚目の写真はマウスパッドの裏側なのですが、糸が入っているかと思いきや入っておりません。
つまり、裏の革は貼り付けなんですね。
ペン立ての内側も同じです。
なるほど、ステッチが見えないというのはこういうアイテムでさえエレガントにしてしまうようです。

革質につきましては、エルメスが使うようなしなやかさはありませんが、わたくしが選んだ厚い革に関していえばとても頑丈そうです。
使い込んでこそ、その価値を発揮してくれるでしょう。

あとは梱包がとても丁寧でした。
エアパッキンにぐるぐるに巻かれて到着しましたので、自分が作った商品を大切にしていることが伺えます。
週明けには会社に持って行って、仕事の時間を少しだけ豊かにします。


<時計サロン>
2,ブレゲの帰還
去年末にオーバーホールに出したブレゲの時計がやっと帰ってきました!
1029.jpg

ベゼルに少し目立つ打ちキズがあったり、イエローゴールドが少し赤っぽくなっており、良いタイミングだと思ってメンテナンスに出しました。
精度は全く問題なかったのですが、購入したのが7年以上前で全くメンテナンスに出しておりませんでした。
やはり良い物を長く使うにはメンテナンスが必要ですね。
ベゼルのキズも全く見えなくなり、ケースも心なしかすっきりしたイエローになったと思います。
他にも欲しい時計がないといえば嘘になりますが、結局わたくしにとってこれに勝るものがないのは分かっているのです。
ケース径34mmという小ぶりなサイズがまた良いのです。
次にメンテナンスに出すのは40歳になる頃でしょうか。
10万円近くかかってしまいましたが、それでも車に比べたら良心的な維持費です。
これからも宜しくお願い致します。


<紳士靴>
3,オールデンの履き方
わたくしはオールデンの靴を履いたことがないのですが、百貨店とかに行くと「ぼくオシャレしてますっっ!!!」みたいな店員さんがこぞって履いているのをよく見ます。
オールデンといえばコードバン。
コードバンの靴を下ろす前に、ペンを使って履き皺を入れるですとか、ソールをサンドペーパーで削って滑りにくくするだとか、ブログで紹介している方も多いようです。
最近聞いて少し驚きましたのが、オールデンの靴は汚く履いてこそ、という話です。
これは本当なのでしょうか。
コードバンはもちろん、カーフでも皺は目立ちますが、履き込んで磨き込んでこそ価値が出るものだと思っていたのですが、違うのでしょうか。
アメリカの文化を纏った靴ですから、デニムで言うところの、洗わないだとか、根性履きだとかそういう話なのでしょうか。
オールデンを愛用されている方に、本当のところをお伺いしたいです。
オールデンユーザーの共通認識なのか、その人がそう思っているだけなのかも気になります。
オールデンだろうがジョンロブだろうがワークブーツだろうが、汚い方が良い靴なんてあるわけないとわたくしは思います。
見た目だけの問題ではなく、メンテナンスしてあげることでその物質との精神的な距離が少しずつ縮まっていくと思います。
ヒツジさん、それは違うよ!!という意見がありましたら、ぜひお聞かせくださいますでしょうか。
わたくしのオールデンに対する理解が薄いのは事実でしょうから。


<紳士衣料>
4,ニットの手洗い
25度ぐらいのぬるま湯を洗面台に適当な量になるまで入れて、ランドレスのウールウォッシュを一塊。
その塊をめがけてシャワーを入れれば一瞬にして泡だらけ。
その中に、裏返しにして畳んだニットを投入して、沈めては浮かせ、沈めては浮かせ・・・。
汚れが目立つ部分は泡を集めて手で軽く叩いたりこすったり。
トマトソースが飛んで洗った直後に、今度はケチャップが飛んでも怯むことはありません。
汚れが落ちたらバスタオルのベッドに寝かせ、形を整えて巻き寿司みたいにくーるくる。
あとは2日ほど平置きにして影干し。
バスタオルが湿ってきたら取り替えましょう。
乾いたらアイロンを軽く当てて完了。
早いケアが肝心です。


<食品>
5,朝カフェ
仕事が早く終わったらカフェで小一時間、PCをいじったり本を読んだりしたいのですが、平日はなかなか難しい。
となると、休日に少し早めに起きて朝の時間を使うしかありません。
シフトの仕事をしていた時は昼頃まで寝ていることが多かったですが、平日7時起きをしていると、休日でも8時半には起きてしまいます。
朝ごはんを食べて、布団など干して、近所のカフェに出かける。
本とコインケースと携帯だけ持っていきます。
ゲド戦記は約30ページぐらいで区切られているようです。
読み終わるまでに45分ぐらいかかるので、集中力が切れることなく楽しい時間を過ごせます。
今朝はカフェドクリエに行ったのですが、なんとドリンク50円オフのチケットをいただきました!!
一杯300円前後なのに、50円オフってめちゃくちゃな割引率じゃありませんか?
明日の朝も行くことを決意しました。
早起きって気持ちいいですね。
1033.jpg


<市価調>
6,素因数分解の一般化
とあるカフェに入った時。
50代〜60代ぐらいの、おそらくオタクの男性二人の会話。
やたらと、「素因数分解の一般化」というフレーズを連呼しておりました。
無知なわたくしはなんのことを言っているのかさっぱり分かりませんでしたが、ググってもよく分かりませんでした。
なにかの暗示なのでしょうか。
知っている方がいたら教えてください。


今週は多めにご報告したのは良いのですが、来週の施策がないことに気づきました。
今日、明日で各部署へ連絡し、月曜日からの商売につなげます。


以上。


それでは。

Posted by ヒツジ
Category : 週報

2 Comments

22歳 says...""
私はオールデンが好きで愛用していますが、周りの革靴狂の友人にしても私にしても汚く履くなんてことはあり得ません。。。
スニーカーは消耗品と考えている私ですが、最近そのスニーカーでさえ洗って新品の状態を維持する方が多いと聞きます。
ましてや高級紳士靴。。。
汚く履いて良いわけがありますでしょうか。
2016.02.14 09:37 | URL | #- [edit]
ヒツジ says...""
22歳様

こんにちは。
コメントありがとうございます。
オールデンを愛用されている方から、そのような考えを聞けて安心しました。
物を大切に扱う心は、特にその人にとって価値の高いものであればあるほど、忘れてはなりませんね。
汚れの目立ってきた靴が数足ありますので、今夜は磨いてあげることにします。
2016.02.14 13:30 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hitsujihyakka.com/tb.php/442-c568f43d
google-site-verification: google4ec9ce459aaf71f7.html