ヒツジ百貨店 | 食パン的美しさ

パリヨントワープ ファッション編 靴 その2

こんにちは。
ヒツジです。

前回に続き、靴です。
こちらはエルメス本店です。
1120.jpg
1121.jpg

エルメスに隣接しているのがジョンロブです。
外の入り口は違いますが、店内はつながっています。
1122.jpg

1ヶ月ほど前から取り置きをお願いしていました、こちらを購入しました。
・William ブラックカーフ 8 1/2E
1094.jpg

メールの対応、接客ともに老紳士のFabienさんにしていただきました。
ジョンロブのマネージャーなのでしょうか?
ジョルジュサンク店に比べて店内は狭いです。
入って真正面にはスニーカーが多色展開されていたのですが、もしかしたらエルメスの物かもしれません。

ウィリアムといえばジョンロブを代表する靴であり、またダブルモンクを代表する靴でもあります。
ダブルモンクといえばウィリアム。
ウエストンの革は本当にめちゃくちゃ良いのですが、比べるとその上を行きます。
フィットに関しては足首側のストラップを真ん中で留めて、カカトが浮かないサイズです。
帰国後、あまりに履きたくて慣らさない状態で外に出たらすぐに靴擦れしました。
ライニングが汚れてしまったのが悲しいですが、数年後に張り替えるまでの辛抱です。
この靴に関してはわたくしが今更語ることはありません。
ただ一言、完璧です。
デザイナーが変わってからヒールゴムの形状変更があったようなのですが、わたくしのウィリアムはJL型のヒールでした。
価格は1095ユーロ、シューツリーは130ユーロぐらいでした。


以上、今回の旅行で買った靴をご紹介しました。

しかし、これでリベンジが終わったかと聞かれればNOと答えます。
帰国後にもアクションを起こしましたが、それはまた手元に来た時にでも。

Posted by ヒツジ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hitsujihyakka.com/tb.php/479-2cb9b6a8
google-site-verification: google4ec9ce459aaf71f7.html