ヒツジ百貨店 | 食パン的美しさ

ラベンハムを購入しました

こんにちは。
ヒツジです。
本館2階 紳士衣料からのお知らせです。

だんだん秋らしくなってきましたね。
涼しくなってすぐに着たくなるのがキルティングジャケットです。
今使っているものは変色がかなり強くなってきたので、そろそろ世代交代かと思いラベンハムを購入しました。

1341.jpg

デンハムという、少しゆったり目の定番モデルです。
配色も定番のサフォークネイビー/デュケスロイヤルです。
ラベンハムは結構温かいですね。
キルティングの中に空気がたくさん入っている感じがします。
形はまあ野暮ったいのですが、それがまた安心感があるといいますが、気負わずに着られそうです。
タグをよく見ると、検品して畳んだ人の名前が記載してありました。
一人一人が責任を持って仕事をしている感じがして、個人的には信頼度が上がります。
購入直後、さっそく汚してしまいましたので、エマールで手洗いをしてみました。
結果、汚れもキレイに落ちて、特にシワがつくこともなく色落ちすることもありませんでした。
これから洗いながら長く使ってくれという意思を示された気がします。
家で洗えて、汚れが落ちる服の安心感は素晴らしいです。

ラベンハムの手洗いは以下のように行いました。

洗面所に25度前後のお湯をはり、エマールを適量入れる。
(お湯の温度は重要です。30度以上はやめておいた方が無難です)
服を適当に畳み、汚れた部分にエマールの原液を直接かけ、タオルで馴染ませた後、全体を押し洗いする。
1度水を捨て、2回ほどすすぐ。
泡が出なくなったらネットに入れて洗濯機で脱水。(ニットのようにタオルで脱水するのはおすすめしません。水の量が半端ないので)
1分ほど脱水して、直射日光のあたらないところでハンガーにかけて干す。

つい高いお金を出してドライクリーニングに出しがちなキルティングジャケットだと思いますが、わたくしは今後も手洗いをしていこうと思います。
何年も洗っていない場合、汚れが落ちることにより変色などが目立つ場合があります。
もし手洗いをする場合は、自己責任でお願いします。

Posted by ヒツジ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hitsujihyakka.com/tb.php/518-33c2a4c4
google-site-verification: google4ec9ce459aaf71f7.html