ヒツジ百貨店 | 食パン的美しさ

物価高騰が止まらない!

こんにちは。
ヒツジです。
朝礼を始めます。

最近、改めて時計に興味を持ち出したので、色々見て回っています。
そして時計の価格が考えられないほど高騰していることを知ってしまいました。
数年前は280万円ぐらいだったランゲ&ゾーネのランゲ1が、今では380万円ぐらいになっているのです。
プレミアがついているとかではなく、新品の定価ベースでです。
50万円ぐらいだったジャガールクルトのレベルソクラシック手巻きも今は廃盤になり、リプレイスのレベルソクラシック自動巻きは90万円に。
今のご時世、少し良い時計の購入を考えた時に100万円の予算でやっとステンレスモデルを買えるぐらいのようです。
金時計のシンプルなものは大抵200万前後です。

革靴も非常に高騰しています。
ジョンロブはここ5年ほどで30%ぐらい上がりました。
今年に入り、本国でも約7%値上がりしています。
近いうちに日本でも価格改定が入るかもしれません。
JMウエストンはジョンロブはエドワードグリーンほどの高騰はしていませんが、それでもフラッグシップモデルのハントなんかは50%ぐらい上がってるのではないでしょうか。
わたくしが知った時は20万円ほどでしたが、今では30万円になっています。

高級時計・高級靴にスポットを当てましたが、定価が高い商品の方が当然ながら値上げ幅も大きいのです。
2万円の商品が2万4千円になるのと、20万円の商品が24万円になるのではインパクトが大きく違います。

そして、この特に高級商品の値上げはこれからも続くでしょう。
今でこそジョンロブのシティは18万円ぐらいですが、10年後には30万円になっていても全く不思議ではありません。
その頃にはわたくし達の暮らしや給料もどうなっているかは不明ですが、個人的には本当に買えなくなってしまうのではないかという不安があります。
今の価格設定が高くても、それでもまだ頑張って貯金をすれば少しずつ買える物も、時間が経つにつれ買いにくく、そして買えなくなっていくのではないでしょうか。

家具類はそこまで高騰しているイメージはありませんが、人生の長い時間を共有できる時計や鞄、靴などは無理のない範囲でなるべく早く購入する手もあります。
しかし、欲しい時が買い時であり、昔に比べて高騰していたとしても現在の価格を払う価値があると感じるのであれば急いで購入する必要は全くないでしょう。

悩ましいところです。

Posted by ヒツジ
Category : 朝礼

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hitsujihyakka.com/tb.php/574-0ef47926
google-site-verification: google4ec9ce459aaf71f7.html