ヒツジ百貨店 | 食パン的美しさ

休日は3枚のセーターで

こんにちは。
ヒツジです。
本館2階 紳士衣料からのお知らせです。

休日用に3枚のシャツを選ぶと、次はセーターを決めたくなるのが人情というものです。
休日は3枚のシャツで
わたくしは一時期、セーターコレクターみたいに買い漁っておりました。
ジョンスメドレーやバランタインを始め、イタリアのファクトリーブランドなど20枚以上を所有していました。
しかし、思えばセーターを着る時期というのは1年の半分ぐらいです。
たくさん持っていても着ないものが増えるだけなのです。
そんな経験を踏まえて選んだセーター3選がこちらです。

・ジョンスメドレー シーアイランドコットン
・ジョンスメドレー カシミヤシルク
・ジョンスメドレー カシミヤ

非常に保守的でジョンスメドレー的なチョイスです。
春秋はシーアイランドコットンとカシミヤシルク。
秋冬はカシミヤシルクとカシミヤ。
これこそが必要最小限にして十分だと思うのです。

続いて、これらを選んだ理由です。
まず、シーアイランドコットン。
なぜウールを選ばなかったのかということですが、ハイゲージのウールセーターは虫食いが発生する可能性が高いのです。
防寒性で言えばウールに軍配が上がると思いますが、手入れの簡単さやメンテナンス費用などを考えた時にコットンの方が良いと考えました。

カシミヤシルクは虫食いのデメリットはありますが、軽くて暖かな着心地と美しい光沢を持つこの素材は1枚は持っていたい。
少し肌寒い時や、ちょっとしたレストランに行く時などに重宝すると思います。

カシミヤはあまり売られていませんが、アウトレットで扱いがあります。
大抵が24ゲージのソリッドのようなので、使い勝手は抜群です。
古き良き英国ニットのような目の詰まりはありませんが、ほどよく軽くほどよく暖かい。
上品なカジュアルスタイルにはぴったりでしょう。

基本的にはどのセーターも無地で、色はネイビーかチャコールという想定です。

ほどほどの価格のほどほどの物をたくさん買うのではなく、少し高いけど最上の物を少量買う。
心を豊かにするのは結局これなのかもしれません。
とか言いながらも、わたくしの靴は増え続けます。
今年に入りすでに2足を注文しました。

Posted by ヒツジ

2 Comments

No name says...""
ひつじさま
もなかでございます。本年もどうぞよろしくお願いします。
記事楽しみにしておりました。
私の夫の影響で昨年よりジョスメドレーを纏っておりますが、とても心地よい着心地で良品に出会えた感動を噛み締めながら着ております。
ジョスメドレー、素晴らしいですよね!
昨年ユーロ離脱のタイミングでフランスでジョスメドレーを買い求めましたが今年も買い求めたいと思います。3枚のシャツシリーズ共々楽しみにしております。
2017.02.18 01:17 | URL | #- [edit]
ヒツジ says..."Re: タイトルなし"
もなか様

お久しぶりです。
コメントありがとうございます。
ジョンスメドレーを愛用されているんですね!
イタリア製で非常に繊細で高価なニットもこの世にはありますが、「日常使いの出来る最上のニット」はやはりジョンスメドレーだと思います。
現在の為替ですと、日本で買うよりも3〜4割ほど(もしかしたら5割ほど!?)安く購入できそうですね。
良い物が安くなっているとついたくさん買ってしまいがちですが、虫食いには気をつけて下さい。
あれはショックですから・・・。

ジョンスメドレーを買われた際には、是非着心地や買った時のことなど、ジョンスメドレー購入記を教えていただければ幸いです。
3枚シリーズはもう少し続きますので、お付き合い下さい。
2017.02.18 12:26 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hitsujihyakka.com/tb.php/577-45797123
google-site-verification: google4ec9ce459aaf71f7.html