ヒツジ百貨店 | 食パン的美しさ

Globe Trotter Collection Vanity case

こんにちは。
ヒツジです。

わたくしは服やカバンや時計も好きですが、もちろん旅行も好きです。

そんな旅行をさらに素晴らしいものにしてくれる道具といえばスーツケースですよね。
スーツケースといえば英国の老舗トランクメーカー、グローブトロッターはまさにクラシックな箱であり、クラシックな男達が持つスーツケースとしてはこの上ないと思います。

わたくしもトロッターが好きでいくつか所有しておりますが、クローゼットの奥からこんなものが出てきましたのでご紹介します。

206.jpg


13インチバニティケースです。
カラーはコロニアルブラウン。
確か購入したのは2年ぐらい前ですが、正直一度も使用していません・・・。
わたくしは男なので化粧もしないです。
それなのになぜ購入したかというと、箱の形が完璧だったからです。
買った時はシューケアグッズとか入れておこうかなと思っておりましたが、面倒なのでそんなことはせず。
蓋を開けると小さな鏡もついております。
ハンドルは他のサイズのものより細めです。
やはり全体的に女性らしいフォルムですな。

グローブトロッターは何種類かのサイズを出しておりますが、このバニティだけは奥行きを長めにとっています。
また、蓋のヘリの曲がっている角度が他のものよりも鋭角になっているというか、シャープに見えるのも特徴です。
箱らしい箱ですね。

トロッターにはまっていた当時は
「世界は箱で出来ている。地球だって箱だし、家だって人間だって箱なんだ。そんな箱だらけの世界で生きていた私たちがバニティケースという、最高に箱らしい箱に惹かれるのは自然なことだ!」
と考えておりました。
もちろん、今でもそうです。
このことは人に言うとドン引かれるのは分かっておりますので誰にも言ったことはありませんが、ブログで言っちゃいます。

バニティは使っていないけど13インチミニユーティリティケースはよく使っております。
こちらも後日ご紹介致します。

グローブトロッターは決して機能的なものではありません。
スーツケースは2輪だし、最近の軽いスーツケースに比べたら重いです。
ですが、見た目が美しいのは皆が認めるところでしょう。
スーツケースが旅を少しだけ豊かにしてくれる道具だとしたら、グローブトロッターは機能面ではなく、精神面で最高のお供になってくれることだけは間違いありません。

それはスーツケースにしろバニティにしろ、トロッターの製品全てに共通する精神ですね。
素晴らしい!


それではまた!

Posted by ヒツジ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hitsujihyakka.com/tb.php/58-eda8ea89
google-site-verification: google4ec9ce459aaf71f7.html