ヒツジ百貨店 | 食パン的美しさ

休日は3着のアウターで

こんにちは。
ヒツジです。
本館2階 紳士衣料からのお知らせです。

休日用に3枚のパンツを選ぶと、次はアウターを決めたくなるのが人情というものです。
休日は3枚のシャツで
休日は3枚のセーターで
休日は3本のパンツで

アウターを着る時期といえば、春・秋・冬。
冬用のアウターはみなさんお持ちかと思いますが、春から初秋にかけての薄いアウターは後回しになってしまいがちだと思います。
かく言うわたくしも、持っておりません。
それどころか、真冬には寒いような薄手の生地のものや、カジュアルではあまり着ないチェスターフィールドばかり持っております。
自分の反省も含めて、新たに3着のアウターを用意するとしたらこの3着こそが必要最小限にして十分という基準で選びました。
パンツと同じように、
・時代や年代を超えた定番
・ダメになっても買い替え可能
・耐久性がある
・楽で抜け感がある
ようなものをチョイスしたつもりです。
前置きはこのへんにして、ご紹介します。

・ラベンハム キルティングジャケット(ポリエステル)
1407.jpg

・グレンフェル ファーリンドン(グレンフェルクロス)
1406.jpg

・グレンフェル ニューハンプシャーダッフル
1405.jpg

まず、この中でも最も使い勝手の良いのはラベンハムのキルティングジャケットでしょう。
わたくしはポリエステルとウールを使っておりますが、どちらか1着だけというのであればポリエステルを選びます。
こちらの記事をご参照ください。
ラベンハムを購入しました
英国からの贈り物
実際に使ってみて、ポリエステルは非常に軽く、また保温性もちょっとしたダウンぐらいある事が分かりました。
春秋はもちろん、少し暖かい冬でもセーターを着て、マフラーをしっかり巻けば全く寒くありません。
よくよく見ると指紋がシミのようになるのですが、目を凝らさない限り見えません。
購入直後は気になるかもしれませんが、気にしなくなればこれだけ楽なアウターはないのです。
また、汚れても家で簡単に洗えるのが良いです。
2回ほど手洗いをしてみましたが、生地が傷むことも色が落ちることもありませんでした。
ポリエステルなので、火元やひっかきに気をつければ特に目立つダメージはつかないでしょう。
コーデュロイ部分の傷みやその他修理に関しては、本国で受け付けています。
日本の代理店に出しても良いかもしれませんが、同様のメンテナンスをするかは不明です。
いろいろな形がありますが、基本はデンハムかレイドンでしょう。
体型に合う方を選べば良いと思います。
色はサフォークネイビーがオススメですが、これも好みで良いと思います。
街でかぶりまくるラベンハムですが、それが嫌という人は本国にオーダーをすることも出来ます。
サイズ調整はもちろん、例えばネイビーの生地でブラウンのコーデュロイなども可能です。
裏地に関しては、すでに表地と縫われている状態のため、変更が出来ません。
現行では売られていない生地の在庫があったりするようなので、問い合わせてみても良いかもしれません。
対応も非常に丁寧なので、信頼して長く使える1着だと思います。

続いて、グレンフェルのファーリンドン。
グレンフェルは1922年に創業した英国のコート専業メーカーです。
この手のコートはマッキントッシュの方がシェアが大きい印象なので、あまり着ている人を見かけないグレンフェルから選びました。
膝上丈のシンプルで上品なステンカラーで、ドレス寄りの休日ファッションを楽しみたい時に重宝するでしょう。
使える季節は春・秋ですね。
通常のコットン生地のタイプもありますが、このブランドらしいグレンフェルクロスを選びたいところです。
探検家であったグレンフェルさんの極地探検の為に、軽くて防風性・耐久性のある生地を作ったことが生地名の由来となっています。
他にもトレンチコートや膝丈のステンカラーなどもありますが、休日用としてはファーリンドンぐらいの丈が使いやすくて良いのではないでしょうか。

そして、同じくグレンフェルのダッフルコート。
ダッフルコートの対抗馬としては、グローバーオールや最近復活したインバーティアです。
グローバーオールは定番でありながら、数年前に嵐の桜井さんが購入されて、ちょっと有名になってしまったこともあり避けました。
作りや価格を考えると非常に良心的だと思います。
さて、ニューハンプシャーの特徴としては、素材がウール75%、ナイロン25%になっており、なおかつ一枚仕立てで軽量化に貢献しているという点です。
また、革紐に水牛角トグルという仕様がカジュアルになり過ぎず、高級感も出していると感じます。
麻紐で木製トグルが好きな方もいると思いますが、グレンフェルは上記の仕様のみの展開です。
軽くて防寒性に優れ、なおかつ多少のきちんと感もある。
真冬はこれを着倒すのも一興かもしれません。


お住まいの地域により、毛皮やダウンが必須という方もいるでしょうが、わたくし自身の視点であることをお許し下さい。
毛皮については知識がなく、ダウンについては基準を満たす選択肢がないという理由もあります。
チェスターフィールドを休日用としてしまうのは強引ですし。

アイテム毎に3点ずつ選んでいくと、自分がどれだけ必要以上の買い物をしてきたのかに気付かされます。
ゆくゆくは必要最小限にして十分な状態に凝縮されていけば良いと思います。

コートというアイテムは簡単に傷むものではないので、少し高価でも10年以上使える定番物を持つと良いでしょう。
さらに気分や流行によって数年スパンで買い替えていく枠があっても良いと思います。
とにかく大切なのは、コートを着る瞬間を豊かにするという事です。
そのための厳選なのです。
わたくし自身もさらに厳選を重ね、コートを着る瞬間を楽しみにしながらお金と場所の節約が出来るようになりたいです。



Posted by ヒツジ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hitsujihyakka.com/tb.php/580-922b2007
google-site-verification: google4ec9ce459aaf71f7.html