ヒツジ百貨店 | 食パン的美しさ

ニット大好き パート5

こんにちは。
ヒツジです。

ずいぶん間が空いてしまいましたが、ニット大好きの最終回、カシミヤについて書きます。

わたくしが持っている中でご紹介できるようなカシミヤを使ったものがマフラーしかなかったもので、マフラーコレクションの内容と重なるところがあります。


まずはカシミヤという素材について。
カシミヤは繊維の王様とも言われており、軽くて暖かくて高価というイメージだったと思います。
近年はユニクロ他、ファストファッションブランドでもカシミヤ製品を安価で提供しており、カシミヤはわたくしたちの生活にぐっと身近になったのではないでしょうか。

カシミヤとは、インド北部のカシミール地方を原産とし、中国の内モンゴルや、イランなどの山岳地帯に生息するカシミヤヤギから採取した毛のことです。
なにごとにもそうですが、カシミヤにも等級があります。
これはあくまでも原毛の段階での話なのですが、特級から4級までの5段階に分かれています。

恐らく、ファストファッションで使うカシミヤはほとんど4級なのではないでしょうか。


そして、わたくしのカシミヤはこちらです。

204.jpg
205.jpg


バランタインのカシミヤ100%のものです。
バランタインは1921年にスコットランドで創業しました。
2006年まではバランタインカシミヤというブランド名でした。
エルメスにカシミヤを提供したことでも有名です。
前は、特級のカシミヤを使えるのはバランタインだけと言われておりましたが、現在ではマーロやコロンボ、ブルネロクチネリなんかも特級を使っているんじゃないかな。
いずれにしろ価格も高いし、高級ブランドが特級を独占している状態です。

このマフラーは社会人になって一年目に買ったので、24才とかかな。
この上品な配色と肉厚で少し硬めのカシミヤの感じが気に入って購入しました。
シーズンでいうと2006年の秋冬なのですが、実はバランタインにとってはこのシーズンは転換期でした。
なぜかというと、資本がイタリアに移ったからです。
青山にあったバランタイン直営店もこのシーズンで閉店してしまい、少しして銀座に路面店が出来ましたが気付いたらクリスチャンルブタンになっていました。
ですので、これ以降は日本でバランタインを見る機会はほぼなくなってしまったわけです。
2006年秋冬の商品まではイギリス資本でしたので、このマフラーもイギリス製です。

イタリア資本になってなにが変わったかといいますと、簡単に言うとバランタインが身近なブランドになりました。
作り自体はそのままイギリスの工場で、商品管理がイタリアだそうです。
そのため現在の商品はイタリア製のタグがついており、素材感はイタリアらしく柔らかいものもあるのですが、基本的にはシッカリカッチリした素材が目立ちます。

余談ですが、バランタインのショップはミラノのサンタンドレア通りに路面店があります。
ここは資本が変わる前も変わった後もずっとありますね。
ミラノのブランドストリートはモンテナポレオーネ通りとスピーガ通りが平行に走っており、この2本の通りをつなぐ何本かの通りがある形になっています。
サンタンドレア通りもその一本であり、エルメスやシャネルなどもこの通りにあります。

どう身近になったのかといいますと、まずラインが今っぽいというか、若い人でも着れるようになりました。
マフラーは別として、セーターなんかはイギリス資本の時はアームが細くて身幅からウエストがめちゃくちゃ大きくてみたいな形でした。
イタリア資本になってからは太くもなく細くもなくといった感じですっきりしたように思います。
30代前半のわたくしでも抵抗なく着れます。

そして、価格。
とてもお求めやすくなりました。
日本の価格は不明ですが、セール時期に現地で購入するとカシミヤのセーターは5万円ぐらいで買えるんじゃないかな。
定番の無地なんかもセールにかかっていたりします。
わたくしは前回行った時にはウールのセーターが半額ぐらいになっていて、一枚2万円しないぐらいで買えました。
ちょうどユーロが安い時だったのでだいぶお買い得感がありました。
接客してくれたおばちゃんの対応がとても良く、気持ちの良い買い物が出来たました。

イタリア資本になった時に、マーロのトップにいた人がバランタインに移りました。
どちらも素材においては最高級ですし、テイストはバランタインはクラシック、マーロはカジュアルみたいな感じで住み分けができていると思います。
チェスターフィールドならバランタイン、ニットアウターならマーロみたいな。

わたくしはマーロのニットは持っていないのですが、父親にマフラーをプレゼントしたことがあります。
非常に上質なカシミヤのマフラーだったのですが、数年前になくしてしまったようです・・・。
そんなことを思い出してしまいました。

バランタインのマフラーは買ってからほとんど使っていなかったのですが、ライトグレーのコートを購入したのでこんな感じで使おうかなと思います。

9998.jpg




使うほどに柔らかくなると言われるイギリスのカシミヤ。
少し重いけど20年は使いたいです。
頼むぞ。


それではまた!

Posted by ヒツジ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hitsujihyakka.com/tb.php/61-ec69c4f2
google-site-verification: google4ec9ce459aaf71f7.html