ヒツジ百貨店 | 食パン的美しさ

独断と偏見で選ぶカフェランキング

こんにちは。
ヒツジです。

街にはいろんなカフェがありますよね。
個人経営のお店も多いですけど、それよりよく利用するのがいわゆるチェーン店。
わたくしもチェーンカフェをよく利用しますが、いつものカフェが満員だったりすると別のカフェを探します。
そこで普段入らないカフェに入ってみると、客層だったりサービスだったりが全然違うことに気づきました。

良いお店にはさらに良い空間作りを目指して欲しいし、良くないお店にはすぐに改善して欲しいという意味で今日はチェーンカフェランキングを作りました。


それでは行きましょう!

271.jpg



第1位 ベローチェ

チェーンカフェの中でも低価格路線のベローチェ。
200円からコーヒーや紅茶が飲めます。
特筆すべきはどの店に入っても同じクオリティのサービスが受けられること。
例えば、入ってきたお客さんに対して人数と禁煙か喫煙かを必ず聞いて、席が空いているかどうかを伝える。
わたくしの知る限り、こんなサービスを行っているのはベローチェぐらいです。
あと、プリモオーレがおいしかったり、一店に一人はほぼ必ずかわいい店員さんがいる。
ジャムサンドが140円なのは嬉しくもありがたい。
テーブルが狭めなのはギリギリ許容範囲。
客層は店舗にもよるが、老若男女玉石混合。
池袋では大学生がうぇーいしてたりするが、それもまたベローチェらしい。
トイレの使用ランプを設けたり、喫煙スペースが店舗によっては半分以下になっているのが非喫煙者としては嬉しい。
店内の清潔度も問題なし。
堂々の1位です。



第2位 カフェドクリエ

店舗により店員さんもお客さんもかなり違うのが特徴。
池袋店は席数がとても多く、座れなかったことがない。
近所の病院併設のカフェドクリエは店員さんも普通の人が多く、荷物を置けるカゴを設けたり、PCを使う人のためにコンセントを設けたり居心地が良い。
紅茶は250円ぐらいと、ベローチェに比べると少し高め。
その分食事メニューに力を入れており、パン系はもちろんパスタ類やケーキ類も用意している。
味は至って普通。
店舗によってはたまにお客さんにフルーツジュースを振る舞ってくれたりする。
清潔度は店によるが、大型店舗ほど清潔度は低い。
良い店舗を見つければリピート間違いなし!



第3位 タリーズ

出店場所を厳選しているようで、街中というよりはオフィス街にあることが多いような気がする。
そのため店内は落ち着いており、清潔度も高い印象。
ドリンクやフードも充実しているが、どちらもおいしい印象はない。
しかし、季節に合わせたメニュー展開は素晴らしい。
夏場はフローズンもあった気がする。
店員さんもわりとちゃきちゃきしていて不満に思ったことはない。
大学生がうぇーいしているのは観たことがなく、大人の語り場、もしくは日本人が外国人のレッスンを受けている(実際はベタベタしているだけ)として利用されていることが多いのではないだろうか。
かわいい店員さんは見たことがないので、ルックス採用ではないのだろう。
店舗によるバラつきもほぼなく、安定して入れるカフェ。



第4位 エクセルシオール

この辺りから少し厳しくなってきます。
立地は駅近くが多い印象。
席数もあまり多くないので入れないことも多々ある。
店員によるサービスというサービスは特になく、ベローチェのように席が空いているかのチェックもしている様子はない。
自分で入って自分で席を確保しないといけない。
禁煙と喫煙は半分ぐらいかな。
ドリンクは普通だがベーグルが数種類あるのは好評価。
ポテトチップスやチョコレートウエハースなんかもある。
特にここで扱っているローカーというウエハースはイタリアで売られているもので、個人的に旅のお供として散々お世話になった逸品。
立地が良く、ベーグルとウエハースが食べたいなら入っても良し。
サービスや良い空間を望むならオススメしない。
店員さんは男女ともほぼ顔採用だろう。
どちらもチャラそうな人が目立つ。
客層は30代以上が多いイメージ。
うぇーい的な喧噪はほぼない。



第5位 ドトール

どこにでもあるカフェ。
店内は狭く、一人あたりのテーブルもとても狭い。
ゆっくりするためのカフェとしては全くオススメしない。
ホットドックやサンドイッチのイメージが強いが、決しておいしいものではなく価格も高め。
客層もカオス。
新しいドトールはまだ綺麗だが、古い店舗は店内が煙たい印象。
使い方としては余った時間を潰したり、一休みとして利用するのがベスト。
店舗によって?スタンプカードがあるので、ヘビーユーザー特典があるのは良い。
オシャレ感は皆無のため、敷居が低いのも良い。
カフェとしての質は決して高くないが、確実に需要があるという点では評価できる。



第6位 イタリアントマト

商店街などにたまーに出現するカフェ。
カフェというよりはフードがメインなんだろう。
パスタやグラタンが揃うが価格は決して安くない。
その分、コーヒーが200円からとドリンクは良心的。
サービスらしいサービスはなく、店内も綺麗とはほど遠い。
客席から見える調理場もなるべくなら見たくない。
わたくしの知る店舗は手前が禁煙、奥が喫煙なだけで仕切りもなにもないので実質全席喫煙である。
店舗によって若い人だらけだったり、ご年配だらけだったりするよう。
わたくしの近所の店舗は後者です。
店員さんはたまにかわいい人がいるが、ほぼいない。
こちらも長居するようなカフェではない。
しかもWi-Fiがつながらないので、PCを持ち歩いている方はここを避けるべき。
なんだか惰性で毎日営業しているような感じがしてならない。
他のカフェが入れないからといって、ここに入ると損をした気分になる可能性あり。
要注意。


ランク外 スターバックス

元祖チェーン系オシャレ高級カフェ。
しかもオシャレなのかは不明だが、オシャレっぽい人御用達らしい。
ランク外にした理由としては、着席率の低さ。
わたくしの行く池袋にはスタバが近くに2件あるが、いつも満席で座れる確立は10%ほどだろう。
店内は綺麗だが席は狭い。
店舗を選べばゆっくりと出来るのであろう。
池袋や新宿などの繁華街では着席できないという意味で、行くだけ無駄。
ただ、ドリンクは確かにおいしい。
特筆すべきはスタバを代表するフラペチーノ。
わたくしはバニラクリームフラペチーノ(略してバニクリ)が好きですが、価格は500円しないぐらいでやはり高い。
マックシェイクバニラと何が違うのか、頼む度に考えさせられる。
その結果、バニクリが高いのではなくマックシェイクが安すぎるという結論にたどり着く。
客層は学生やチャラい人が多い印象。
勉強をしている学生か、ノートPCを持ちこんでドヤ顔?してる人か。
注文も自由にカスタムできるらしく、達人になると呪文のように注文をするらしい。
本当にそれがおいしいのかどうかは別として、自分は特別な感じが心地良いのだろう。
呪文のような注文、座りたいけど座れない人を横目にMacBookAirを広げるなど、特別感を演出してくれるカフェとしてはこの上ない。
オシャレカフェの代名詞として、今後も座れる可能性はなきに等しい。


最後までお読みいただいた方、本当にありがとうございました。
思っていたよりも熱がこもってしまいました。
このランキングはあくまでもわたくしが行ったことのある店舗のデータでしかないので、他店だともっと良かったり悪かったりするのかもしれません。
ちなみに、この記事を書いたのは初めて入ったイタリアントマトです。


それではまた!


ツイッターアカウントを作成しました。
宜しければフォローお願い致します。
https://twitter.com/hommesclassique

Posted by ヒツジ
Category : 朝礼

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hitsujihyakka.com/tb.php/82-249d4dd5
google-site-verification: google4ec9ce459aaf71f7.html